夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

ユーリ円盤4巻届いたよー見たよー!聴いたよー!

 あの7話収録の巻、いよいよ後半。リアルタイムではここからお話が大きく意味合いが変わってきて次が見えなくて電撃オンラインさんのツイートに注目が集まりすぎて新しい発見をしては理性を失う、情緒不安定になる、Twitterのトレンドにそれっぽいが知らない人が見たらわけわかんねーキーワードが続出するという日々が続くようになりました。

私は未だに、ほぼ毎日?7話を見ている…

 やっぱり毎日見ているからか作画のリテイクにはいろいろ気づけたけれどヴィクトルが更に綺麗になっていたり、勇利が可愛くなっていたり。

8話は配信版で諸岡アナが若干鼻声だったのがたぶん録り直されているような。

8話のラスト、日本へ帰れと勇利に云われているときのヴィクトルの顔が変だったり可愛すぎたのが良くなっていたり、アップになったときのヴィクトルの瞳の色の色味が調整されていたり。

演技中に挟まれる演技外の他のキャラの映り込みが調整されていて、不自然さがなくなっていたり(exポポの演技中にピチットくんの日本人コーチの緊張した顔が映り込むのがなくなった)8話はサーラの表情が豊かになっていたような気もする。エミルも。

ヤコフの衣装がより黒くなっていたような…

JJ?よくわからん!(相変わらずJJに塩対応のわたし)

7話の表彰台が描き込まれているのはちゃんとわかった!!

8話のユリオが緊張しているシーンは視界も霞む表現も加えられていた。8話では真利姉ちゃんが前より綺麗になっていたような気がする。

勇利の演技も最終版に近い形のものになっていたよ、特にFS。

 

オーディオコメンタリーはピチットくんレオくんグァンホンくんという中国大会の若手3人組と7話を見ながら。10話のピチットくんの名台詞にも言及されて、7話のクライマックスのあのシーンのところは必聴。

あと最後の最後が3人いるしいろいろあってアクシデントぶりが画面にも現れていて声出して笑ってしまった。

 

 

さて、特典の中国大会アダルト組のラジオは…

これからPCで読み込みます!!

つーか久保先生の中でクリスと安元さんのハマり具合が異常なのが前から気になっていたのだけど今回も!もうクリスって名前じゃなくても良いような気がしてきた…

 

 

つづく。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする