読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

「はじまりのうた」

映画

 なんと!視聴のきっかけはユーリ絡み。

はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック

はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック

 

ニューヨーク。シンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)は、同じミュージシャンの恋人デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、失意のままライブハウスで歌っていた。そこに偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)はグレタの才能に惚れ、彼女にデビューの話を持ちかける。ところが、その録音はニューヨークの街角で行うという。セントラルパークやチャイナタウン、橋の下、路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームなど、グレタのゲリラレコーディングは続いていくが、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。やがてアルバムが完成したその日、誰も予想できなかった最高のはじまりが待っていた……。

 dtvの見放題とかでよく目にしていても、キーラ・ナイトレイってだけで見るほどいまそんなに映画見たくないしと思っていたんだけど、ユーリクラスタの方たちの中にこの作品のワンシーンでヴィクトルと勇利を描いている人がいて、そこから興味を持ったら共演に大好きなマーク・ラファロがいるじゃないの!ということで見てみた。

 

やっぱりちゃんと見ないとね。

キーラ・ナイトレイが不思議で芯のある雰囲気のある女の子を好演。

この二人がくっついたら興ざめとか思っていたら、性別は違うけれどブロマンスというか友情を感じる展開。若い大人といい歳した大人が中心の大人の話だった。

だらしなくて汚いマーク・ラファロって本当にいいわあ…

キーラ・ナイトレイの歌声も甘くて私の好みであった。周りの脇役も魅力的、娘役の女の子も可愛いし、友人役の太めの人もどこまでもいい人で楽しかった。

マルーン5を殆ど知らないので歌がどうとかヒゲがどうとかいうのはそんなにピンとこなかったけれど…

劇中で使われている名曲も素晴らしいし(as time goes byがかかったときはちょっと笑ったが、スティービー・ワンダーは最高)激しい感動はないけれどじっくり見られる作品でした。

 

「クソゾーンに入ったぜ」ってセリフが気に入りました。

広告を非表示にする