読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

ユーリ円盤6巻見たし聞いたしAmazonめ…

 Amazonは特典が2週間遅れなんですよ。こっちにシリアル登録させてさ。システム面にいろいろ事情があるんだろうけれどさ…

 アニメイトさんいいなーあんなボックスがついて同時に到着してさー。今回は失敗だったわー

 もろもろの修正部分、印象に残ったのは11話の終わり際がヴィクトルがリアタイより男らしさが減っていて超かわいくなっていたとか12話は勇利のFSのあとの表情が勇利を試しているっぽく見えていたようなところも素直にいい感じに受け取れるようになっていましたねえ。

勇利のキラキラした「競技復帰?」に切ないような、愛おしいような表情で返していましたね…ヴィクトルは本当に勇利が大好きなんだね…

 

オーコメでこの二人の関係の成長について内山さんが触れてくれたけれど、JJは諸岡アナとやるところをこの二人はこの二人でやっちゃえるようになるというのが素敵じゃあありませんか。

ちょっとニュータイプっぽいよね!!

オーコメ今回はなんか作品に見入って言葉にならないと言うかこの3人はもう作品について喋り尽くしているから言葉が出てこないって感じもあったけれど、所々で久保先生が面白いことを仰っていたな。勇利が座長を務めたら、って話がひどかった。たしかに!って思うけれど。

 

ランビさんのワイプの場所が変わっていたとか、ユリオがサムアップするときの目線一が変わって集中の度合いを感じたり。

 

関係性が変わって見えるって云っていたあれはあのあたりか、「競技復帰?」のあたりと勇利のFS途中のヴィクトルの表情の変化か。

 

演技にも細かい修正が入っていてピチットオンアイスがさらにポップになっていたな。電飾がキラキラしていて予算が上がっていた…原宿に尽力してくれた伊藤さんに感謝!!

 

ノンテロップの「離れずにそばにいて」を見るとテロップで見えづらかった部分が鮮明になってさらに二人の世界が堪能できたのだけど、おまけの塗り絵の17ページでも分かるんだけどヴィクトルの視線がとてもいいのよね。

勇利のことが大好きなヴィクトルが好きなので私は満足です。

 

で。

 

漫画を見てからのユリオのエキシがいいそうですが、前述のとおりAmazonは2週間お預けなので(今回の主人公二人の扱いについて文句をおっしゃる方はまずAmazonにクレームつけてよ、遅いって)そういう味わい方が出来ないものですから単体で見たんですけどね。

 

デュエット「離れずにそばにいて」のあとにあの演技なんだけれども。

オタベックのアレで悲鳴あげてしまいました。

オタユリ勢よかったね!!

 

10話で勇利がヴィクトルの手袋を外すシーンがありましたが、あれは不器用ながらも神聖な感じがして美しかったのに対して、オタベックとユリオのアレはまあ荒々しいったらない。

マジでリンクに持ち込まれていたしな、オタベック。

なんであんなことをやったあとにアレやってああいう終わり方することになるんだ。

ただただツッコミどころが多いのにかっこよかったです。さすがユリオ!

 

とうとう円盤も6巻まで揃って見放題がいつ終わっても大丈夫になったけれど、連続視聴できる見放題はやっぱり大事だなーって。でも修正できれいになった円盤も大事で。

ヴィクトルと勇利のコートの色とかいろいろなことも解決されて、表立って語られていない様々なこともちょっとヒントがはっきりしていたり。

 

オーコメで勇利とユリオの髪について触れられていたのも嬉しかったな。時間の経過を大切にしている作品なんだなってわかったのが嬉しい。これからも続くんだものね。

 

 

劇場版まではあとは延びに延びているガイドブックとかファンブックを待つだけですが、いまのところ寂しさよりもいい時間をもらったなあって気持ちのほうが大きい。

こんなに面白くてできの良いアニメに出会えるとは。リアルタイムから追いかけてきたけれど最初から最後までよかった。

毎回毎回驚きの連続で、序盤もぎゃあぎゃあ云っていたけれど7話のラストで「こういうこともやっちゃうの?」から二人のつながりがどんどん変わっていって9話のラストで泣いたあと10話で物語に隠されていた事実を知って盛り上がり、11話で震え、12話で感動し。すごい作品だったね。

 

こちらに想像の余地を多分に与えてくれるのもまた良し。まだ漫画を見ていないんだけれど、エキシの前夜の師弟がなにをしていたのかとか、グランプリファイナルFS前日もなにをしていたのかが不明なのがどうしてそこに謎を残すかって思っちゃう。ふつーに練習していましたが二人がギクシャクしていますとか、エキシの前の晩はみんなで仲良くやりました、でいいかもしれないのにね。

 

なにやってたの??

 

 

ユリオのエキシはチャプターリピートで何度も見ているんだけどよく上のタンクトップがぺろんぺろんとめくれるのが面白い。動画で表現するの大変だろうな。

素敵なおまけをありがとうございました。

 

さて、来月はユートラ、再来月はイベントDVDですねえ…

 

 ユートラはデータで買うかもだけど、リアル店舗で買うとしたらこのジャケットはなかなか…私は平気だけど。

お部屋に飾りたい気もするけれど、結局データにするしかないしiPhoneに尻がサムネで残るのも面白いよね!!

 

次はマンガが届いたあたりにユーリに触れるんじゃないかしら。まだまだこれからも楽しみなことがいっぱいあるの嬉しい。

 

これ劇場版の発表がなかったらこんな余裕かましていなかったんだろうな。

 こちらも公開されて、ああ終わったのかな、って気になってさ。

でもこちらの動画、めっちゃ笑わせておいて最後感動すごく感動させられて、感情が忙しい。まさにユーリオンアイスって感じでした。

 

 

 

2017/05/28 追記

 

ちゃんと見たり、いろんなひとの指摘を読んだ上で改めて見たらさ…

 

ヴィクトルが勇利のこと好きなのが前より駄々漏れじゃね??

 

配信版でコートの色がコロコロ変わっていたシーンからのヴィクトルの表情の変更が話題になっていたんだけれど、配信版では笑っているように見えたのが修正されたら苦しそうな悲しそうな顔になっているんだよね。

あれは勇利のためにリビングレジェンドであるヴィクトル・ニキフォロフを演じて話したシーンだから本心とは違ったのをさらに浮き彫りにした感じ。

「競技復帰?」のときの表情も相まって、伝わってくると言いましょうか。

その後でルンルンでマスコミに自分のスマホ預けて記念写真撮ってもらったりユリオがJJにたしなめられたでっかい声援もやってしまったりといつも通りご機嫌な様子も見せてはいるけれど、やっぱり元が優しい人だから勇利に自分の感情のマイナスの部分を見せないように振る舞っているんだろうなと思うと…泣けてきませんか。勇利のほうが自分の感情に素直だよね、ヴィクトルにも言いたい放題だし。コーチらしいのなんか僕の知っているヴィクトル・ニキフォロフじゃないとか、おまいは「伝染るんです。」の散髪屋の客か*1

 

関係性が変わって見えるって云っていたの、あそこもじゃね?

 

いや知っていたよ、ヴィクトルが勇利のことが大好きなのはさ!27歳の男性が放ったらかしにしていたふたつのLがあってそれを24歳の愛弟子からもらいました!って云っちゃうのってただ事じゃないじゃないの普通に考えて!

それをはっきりと見せつけられた感じがある。

まさにむき出しの愛よね。

フィギュアスケーターの勇利がヴィクトルという自分が必要に思ったコーチを得てグランプリファイナルで雪辱の銀メダルを取るまでの話のようで、ヴィクトルと勇利が他の言葉では表現しにくい愛というものを手に入れるまでのお話なんだなあ。お互いが本当にかけがえがない存在になるんだよなあ。

 

ブックレットの山本監督のコメントにその辺のヴィクトルの思いについて触れているんだけれど、あくまでスケーターであることが前提だけどお互いが一緒にいたいと思っちゃってるの本当にいいなあ。

 

で、漫画はスピンオフになってしまったのはちゃんとした続きはこれから語られるからなので、勇利とヴィクトルが今後どうなっていくのかは劇場版でのお楽しみになるんだな。つーか監督は他の媒体でもだけど、あんまりユリオのことを語らない、ヴィクトルと勇利の関係に迫る話を良くしているので、ここ最近ユリオに焦点が当たりがちなのを不満に思っている人たちは監督の言動を追ったほうがいいのでは。

私はユリオがヴィクトルにあんまり振り向いてもらえずロシアで頑張って金メダルを勝ち取った過程も素晴らしいと思うけれども。9話で見せた優しさは勇利にないものだし、自分なりの強さを獲得していった結果がマッドネスなんでしょ?勇利とヴィクトルの大人二人にない魅力ですやん。もっと憎らしいキャラクターになるかと思ったら最後の最後まで男前のヒーローだった。だから語られきれない部分が補完されてもいいと思うよ。

ユリオのアガペーの衣装ってタノジャンプの魅力が際立つようなデザインなんだな、って思ったんだけど元はヴィクトルの衣装だったと考えるとヴィクトルも若い頃はタノジャンプしていたのかなあ。

 

漫画読んだら他のキャラの情報も得られるんでしょ?

早く届かないかな(怒)

プライム会員なんだからお急ぎ便でお願いしたい!

*1:「もっとお母さんのように云ってくれ」

広告を非表示にする

限定ハード馬鹿は放っておけない

 Newニンテンドー2DS LL ドラゴンクエストはぐれメタルエディションがちょっと話題になっていますがAmazonでいま定価の在庫がありますよー(2017/05/2710:08現在)

楽天もYahooも割高の転売くさいやつばっか出品されているので(Yahooはそれでもポイント還元があってトントン、のところが多いけれど、でもさ!)欲しい人は定価かそれ以下くらいで買って転売屋をつぶしましょう。

 

だいたい、ドラクエの同梱版は地方都市クラスの街のショップでは在庫でのこりがち。特にドラクエモンスターズとか、本編じゃない派生作品の限定品はよく出回っています。だってドラクエモンスターズをやるような人って既に本体持っているものね。うちの妹くらいよ、ドラクエモンスターズのために本体を買う人。しかもあの人、ドラクエモンスターズしかやらないの。どういう趣味なんだろ…*1

はぐれメタルモチーフのものはプレミア価値がよくつきますが、今回みたいにハードの新発売と近いからという印象もある。

今回のははぐれメタルが立体的にくっついているのが実用的に考えてどうなのか物議をかもしながらも、ドラクエ好きには垂涎の品だと思うのですよ。そしてモノグラムね。

以前3DSLLのマリオ限定でモノグラムモチーフのものがあったのですが、本体にモノグラムはとても相性が良いんですよ。パッと見はただの柄に見えて実は…ってやつ。

粋なのよね。

特に今回の2DSLLは立体視は死んだようなもの扱いになっている現在のニンテンドー3DSソフトのなかで不要なものを削ぎ落とされ、若干軽くなって薄くなったというところにも魅力がある。

それが目の前のAmazonで定価で、なんかいらんもん*2までおまけでつくのに在庫であるとなったら、ついポチっちゃうやん?

ということでポチりました。

 

ん?

 

3DSソフトが遊べる本体もう持っているよね?って??

↓プラスチックのチープな質感ながらさわり心地は最高。

 ポケモン限定は買い損なって普通の赤を買った2DS。画面小さいけどかわいい。

ニンテンドー2DS レッド

ニンテンドー2DS レッド

 

 ↓前述の。ええ、持ってます。これ本当にモノグラムの仕様がいいんですよ。

ニンテンドー3DS LL New スーパーマリオブラザーズ 2 パック【メーカー生産終了】
 

 雷狼竜の毛並みをモチーフにしているけれどあんまりパッとしないと私は思っているこれ。でもクロスの限定よりはマシ。

モンスターハンター4G スペシャルパック
 

 これだけ持っていますよ??

 

まあ、モンハン4G版の限定は手放してもいいかもね。

ドラクエ11PS4でやりたいなーとも思っていたんだけど、持ち歩ける方がいいからやっぱり3DSかなあ、もしくはスイッチ版が出るのを待ってもいいかもよ。

スイッチ本体をまだ買ってないんだけれども。

つーか世の中に出回っているあのクソ高い転売品、おまいらが買わなかったら私の手にも渡っているんだよ大馬鹿者!って、転売屋には口汚くなってしまいますよ。

 

転売屋からは買わず、彼らを潰しましょうね!彼らの多くはクレジットカードで購入して転売しているから、支払いが回らなくなってこじらせて自滅すればいいんや…

 

 スプラトゥーンのゲーム自体をそんなにピンとこないからこちらの限定にはそんなにそそられないんだけれど、落ち着いた頃に値下げとかまで待ってもいいかもね。触ってみたいんだけど、周りまだ誰も持っていない…今回ならゼルダもやってもいいかもだけどな。時のオカリナでゲロ吐くからな…

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

 
Nintendo Switch スプラトゥーン2セット

Nintendo Switch スプラトゥーン2セット

 

 でも本体としてはほとんど新鮮味のないはぐれメタルエディションを買うことにしたので、たぶんスイッチは当分おあずけです。(なんかのフラグが立っている

*1:子供の頃はアクションゲームの達人で小学3年生にしてマリオの無限1up出来たし高橋名人の冒険島をクリアできる腕を持っていた

*2:よつばと!」大好きで本編に出てくるダンボーは好きだけどETVのニャンボーとかダンボー単体で売ろうとしているこれらは全然興味ない

広告を非表示にする

上條淳士 「SEX」完全版 1巻

いままで読んだ漫画の中で特別に愛している女の子がふたりいる。一人は「少年は荒野をめざす」の狩野。もう一人は「SEX」のカホ。

学生の頃、漫画の描き方が実際の漫画家のテクニックを引用して細かく解説してあった本があって、絵を描く才能はないけれど興味深くて結構お高いのに買ったらそこで上條淳士先生のスクリーントーンで空模様を描く作例が出ていて、そこにカホがいた。

その時は既に「To-y」を読んでいたので新作の存在を知ってそこにもワクワクしたけれど新作の内容がどんなものか、タイトルが思春期の女子学生にはちょっとどうなのってビビりながらもとにかくこの美しい女の子が話しているところ、他の仕草も見てみたい、絶対好み!と田舎の本屋でどう取り寄せたら…と悩んでいたら普通に在庫であって、当時私は本であればなんでも買ってもらえたので母親に買ってもらったのでした。タイトルを見てもうちの母は「ふーん」ってスルーだったのでそれも助かった!

 

結局、タイトルから疚しいことが浮かぶような思春期が期待するような描写は殆ど無いので(カホの素っ裸は見られるけれど、これが色っぽいけれどいやらしくはないという、とんでもねーやつで)よその思春期も安心しておかーさんに買ってもらったらいいよ!

 

このヴァージョンは2巻までしか出なかったのは、ファンの間では有名な話でその事情もなんかいろいろあるらしいけれど(知りたかったらググったらいいと思う…)私自身はあんまり頓着しないので長い間、本当に長い間、3巻以降が発売されるのを焦がれて待っていた。

 

初めて読んだときからカホのなんの枠にも収まらない美しさ、色っぽさもあるのに清潔で見ていて気持ちよさしかない魅力に惚れてしまって、当時10年間ショートカットだったのに髪を伸ばす気になったのでやっぱり女性として憧れたんでしょうね。

 

 

(ΦωΦ)フフフ…髪を伸ばしたところでアンタ…

 

 

それはどうあれ。

上條淳士先生の作品は「赤×黒」「8」などを読んで重そうなモチーフ選んでいる割に仲間意識が面白くてちょっと軽い雰囲気やっぱり大好きと何度も読んでいい気分になりつつも「あれどうするんだろう」ってずっと引っかかっていた「SEX」3巻以降。

それが2004年にいきなり告知でSEXが1巻から出直しで今度はちゃんと最後まで出します!って話になって、新刊案内で知った本屋で泣き出してしまうという…

 

 

それがこちら。

 

全巻ちゃんと出るまで正直気が気じゃなかった…

 

それが電子書籍になっちゃうからそりゃあもう満ち足りるわよね。電子書籍でも全巻買いました。

 

 文庫化もされて。表紙がまた描き下ろしで贅沢。

 

カホうつくしー…

 

それが、今度は!

 

最初に出た1,2巻は要所要所にポイントカラーがあったのだけど再出版以降はそれが失われて寂しく思っていた1989年来のファンの気持ちを鷲掴みにする、ポイントカラー復活の完全版が出ますよ!ってことで。

ポイントカラーにすることが大事なシーンが確実にあるの、特に1巻。

モノクロしか見たことがない人にはぜひ見てほしい、完全版。

私は1,2巻を持っているからどうしようかなー欲しいなーでもいま金銭的に余裕ないなあと思っていたら…

 

 

私の愛するアニメ、「ユーリ!!! on ICE」の山本監督が全巻購入特典のPVを作るぞ!というのを知って即行でポチってしまった…

SEX 30th AnniversaryEdition (1) (小学館クリエイティブ単行本)

SEX 30th AnniversaryEdition (1) (小学館クリエイティブ単行本)

 

 

30年前の作品とは思えない、絵に古さがないし、いま気づいたんだけど携帯を出さなかったら時代感薄いのね。

小ネタが気づくと色々面白いので、お話の筋にピンとこないお嬢さんも読むといいよ!終盤に超絶かっこいい人が出るしな…

 

もともと「スペース☆ダンディ」の伝説のロック回(上條淳士先生キャラデザのキャラを私の愛する神谷浩史が演じたのに内容はとてもアホだったやつ…*1 )を山本監督が手がけ、私が山本監督を再認識した「ENDLESS NIGHT」のキャラデザも上條淳士先生ということでつながりがあったのは存じ上げていた。元の素材が美しすぎてアニメ化されて動くと心配になる感じのあるイラストが美しく動くの本当に見ごたえがある。

 

今度も期待できるし、完全版は全4巻で、1巻はもとの巻数で2巻まで、赤と青のポイントカラーが再現されていたので、そこから先は何色なんだろ?っていまから楽しみ。

いまになって未知のSEXに触れるなんて(と、書くと妙にアレだわ!)長生きするもんじゃのう…

SEX 30th AnniversaryEdition (2) (小学館クリエイティブ単行本)

SEX 30th AnniversaryEdition (2) (小学館クリエイティブ単行本)

 
SEX 30th AnniversaryEdition (4) (小学館クリエイティブ単行本)

SEX 30th AnniversaryEdition (4) (小学館クリエイティブ単行本)

 
SEX 30th AnniversaryEdition (3) (小学館クリエイティブ単行本)

SEX 30th AnniversaryEdition (3) (小学館クリエイティブ単行本)

 

 8月で条件がそろうのでそんなに待たない感じ。山本監督もお忙しいな。

 

でも一番最初の版がいちばん大きいし褪色もほとんどなくて紙の質も最高なので、絶対手放さない。気になる人は探してね(Amazonで見当たらない)!

完全版のほうがパートカラーの色合いがはっきりしていて綺麗だけどね!

 

 ちなみに本当に長い間ファンの私は、こちらの直筆サイン入りを買い求めて大事にしております。

上條淳士画集「1983」

上條淳士画集「1983」

 

 

山田のこと (少年サンデーコミックススペシャル)

山田のこと (少年サンデーコミックススペシャル)

 
赤×黒 (上) (Young Sunday comics special)

赤×黒 (上) (Young Sunday comics special)

 
赤×黒 上巻 (レアミクス コミックス)

赤×黒 上巻 (レアミクス コミックス)

 

 

 

少年は荒野をめざす (1) (集英社文庫―コミック版)

少年は荒野をめざす (1) (集英社文庫―コミック版)

 

こちらも髪の長い女の子が主役です。 

*1:ちなみにダンディの声はみんな大好き私も大好き諏訪部順一様だよ!!

広告を非表示にする

ラブソングができるまで

 公開時から見ようと思っていたのに今日まで見てなかったやつ。

ラブソングができるまで 特別版 [DVD]

ラブソングができるまで 特別版 [DVD]

 

 ヒュー・グラントニューロマンティック世代のスターであるもののいまはパッとしないアーティスト役、ドリュー・バリモアはたまたま彼の家にピンチヒッターで現れた植物係だったのが、作詞のセンスを見いだされるという無理矢理感ある設定だけど、そうでもしないと元スターとパッと見はごく普通の人とは出会えないのか。

 

というのはさておいて、元スターのころのビデオクリップが出だしから使われているのが非常に出オチでそこでもう面白い。「モーリス」やっていたころはこんな俳優になるとは思っていなかったよ私は…

ドリュー・バリモア演じるソフィーのサイテーな元カレを演じる人とヒュー・グラントどちらもジュリア・ロバーツの相手役をやったことがあるなあと思いつつ、今回はドリュー・バリモアで正解。等身大のぽっちゃりで可愛い。

変なラブコメなんだけど大人になって見るとちょうどいい、こういうちょっと変だけどちゃんとした人ばかりだよね、大人って、っていう大人たちとエキセントリックだけどピュアな若者がいいスパイスで、エンドロールで語られるエピソードもひどくて面白くて。あんまりなにも考えたくないときに見るのにちょうどいい映画でした。別にいまあんまりなんにも考えたくないほどしんどいわけではないけどね!

 

広告を非表示にする

アニメスタイル011 ユーリの特集のところを読んだよー

 表紙の発表があった時点で既に話題になっていたやつ。ヴィクトルの目線がいいのよね!

アニメスタイル011 (メディアパルムック)

アニメスタイル011 (メディアパルムック)

 

 山本監督のコメントもあるかと勝手に勘違いしていたんだけどそれはなくて、プロデューサーの大塚さんのロングインタビューと作画監督と演出の人たちの座談会と原画もりだくさん。設定画の勇利の顔に書き添えられたひどい言葉とか、ヴィクトルのあの笑顔の口にはその名称がとか、設定がひとつでも面白い発見があったり、単純に原画が美しくて見入ったり。

スケートシーンの原画も多く見せてもらえて、JJのは必見。1話と5話のものもあり。

座談会はお話の内容にはさほど踏み込まず、技術的な話とそれまでのバックボーンがすごい顔ぶれなので、そこから得たものがどう活かされたかとか。ミナコ先生の1話の怖い顔つきがよく見ればアスカとかミサトさんなんだよね…

聞き手の人もそりゃあアニメに詳しいから乳首の歴史をさらっと語られてそこから話を引き出したり、そこ踏み込むか!と楽しめましたよ。

 

そういえば本家の設定資料も発売されるけれど7月20日に3000円とか。

まだAmazonで見つけられなかったけれど買うでしょうね。もうここまでくれば行くところまで行くよね。

 

それにしてもこの表紙のイラスト、最高。今までの中で一番好き。

広告を非表示にする

ジュラシックワールド

 一番最初の作品を劇場で見て非常に怖い思いをしたのでそれもあって続編は一つも見なかったんだけど、クリス・プラットは大好きなので気になってはいた。昔見たよりはこういうものの耐性はついているからいいか!と思って見ているのだけど…動物パニックと怪物パニックの融合って感じ?

 吹き替えで見ているのだけど玉木宏さんと木村佳乃さんは声優として遜色なく、玉木さんの方は独特の声と言い回しが雰囲気良い。もともといろいろ声優やっているからな。

 

ところどころでくすぐりが入るのが前にはなかったところよね、叔母さんよりクリプラおじさんのほうが頼りがいがあるから一緒にいたいとか、「私、彼氏がいるの」とか。

 

たしか1作めはアミノ酸がどうたらこうたらで自分では生きられないから島で隔離して放置したら勝手に死ぬって設定だったはずだけど今作はどうなんだろう。ハイブリットTレックスのハイブリットたる所以がイカとカエルからきてまーすっていうのが逆に怖い。イカとカエルを間違って使うとヤバいんだね。

 

ヴェロキラプトルが人間を守る側にまわっているのがなんだかそんなの期待してなかった、って気分だけど最後はでっかいものvsでっかいものからのでっかいものでわちゃわちゃしていて面白かった。恐竜同士が意思疎通をはかるのも変だし用事が済んだらご本家がクールに去っていくのも恐竜にそういうドラマを見たかったわけじゃないので変に思ったけれど楽しくはあった。血なまぐさいところは多いけれど怖さより笑える要素が多い。

 

翼竜はあんなふうには飛ばないという研究を信じているのでどこまでもファンタジーだし主役二人がハリウッド的にくっつくのもどうかなーと思うのだけど、いろいろ突っ込みどころがあって楽しかったです。博士が生き延びているので続編もあるのかな。トラブルメーカーだね。

 

あと私的ヴィンセント・ドノフリオが何年たっても私の中で可哀想なおデブさんなのであった…

広告を非表示にする

ドラムライン

 プライムビデオで。前から気になってはいたんだけど団体行動と団体競技に抵抗感があるうちは素直に見られないだろうと思っていた。たしかにそんな目で見ると最初から合わない。

 データ版のジャケットのほうがいいね。なんでこのジャケットなんだろ、BD版。

突出した才能があるが天狗で調子こいてる子が鼻っ柱を折られて折られて折られて才能とチーム、目上の人との折り合いをつけていく感じの話しなんだけど、ドラムが好きで素直でただ実力が自分より下な奴が偉そうにするのが嫌い、ってだけでお互いを認めあったらうまくいくのは悪くない流れ。誰かが思いっきり悪いってわけではない。あとこの性格誰かさんに似ているから生意気なところが痛々しいけれど嫌いになれない。

 

実話らしいのだけど、そんなのはどうあれ、アメリカの大学のガチなブラスバンドは見ていて気持ちがいい。すごくパワフル。私は吹奏楽部にほんのちょっとだけいたけれど、大して音感がよくない陰気でセンスの悪い先輩に嫌気が差して辞めたくちなので、本当には好きでもなかったんだろうなとこれを見たら分かるし(好きなら辞めない)部活自体が生温かったなと思い知った。

 

使用された曲がどれも好みなのもいい。ドラムのキレの良いリズムを聴きたくて見てみたけれどこれは映画館で音響の良いところで肌で感じたかったかも。

アトランタアフリカン・アメリカンだらけのチームに黒人が好きだからと果敢に挑戦するアイルランド系をふつーに受け入れて仲良くやっていくのもいい感じだった。

ヒロインが非常に好みだと思ったら若いゾーイ・サルダナだった。いまほどオーラはないけれどやっぱり美人。

いい青春映画だった。ただし団体に溶け込んでいくことで尖った牙が丸くなるのはアリなのかナシなのかこれからも考えてしまうかもね。

 

字幕版は独特の訛りとアフリカンアメリカンにしかないいい声がたくさん聴けるのですばらしかったけれど吹き替え版は主人公を浜田賢二さんが主人公を演じているのでそっちも見たいかも。

広告を非表示にする