夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

このミステリーがすごい!2019年版 主に海外

 創刊30周年て。

このミステリーがすごい! 2019年版

このミステリーがすごい! 2019年版

 

 私は10周年くらいから毎年購読しているのだけど、一番読んでいたのはその時期だったかも。1年に100冊読んだし。インターネットを始めたのもその頃だったような…

 

ええええ私、20年もインターネットをやってるのぉ?

 

というのはさておき、今年はほぼ全然本を読んでいないのでベストもなにもないのでこちらの冊子を見て私が読みたくて買った本がどれだけこちらのランクとかぶっているか見て頭を抱えているところ。

日本の作品はそんなに興味が無いので、海外の作品の記事を拾うために付箋を貼ってる。

なんで読んでないかって「おっさんずラブ」にはまりすぎた…

 

そして今日ね、紀伊國屋書店電子書籍が30%ポイント還元ってKindleを殺しに来ているので最近買ったものを含めて今日買ったものも晒していこう

カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)

カササギ殺人事件〈上〉 (創元推理文庫)

 
カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)

カササギ殺人事件〈下〉 (創元推理文庫)

 

 下馬評通りだったなー

IQ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

IQ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 
元年春之祭 (ハヤカワ・ミステリ)

元年春之祭 (ハヤカワ・ミステリ)

 

隠し玉で触れていたこの方の新作も楽しみ。

乗客ナンバー23の消失

乗客ナンバー23の消失

 
数字を一つ思い浮かべろ (文春文庫)

数字を一つ思い浮かべろ (文春文庫)

 
日曜の午後はミステリ作家とお茶を (創元推理文庫)

日曜の午後はミステリ作家とお茶を (創元推理文庫)

 
用心棒 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

用心棒 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

 

 ポケミスは紙のほうが好きなので紙で買ってます。

北氷洋: The North Water (新潮文庫)

北氷洋: The North Water (新潮文庫)

 
ワニの町へ来たスパイ (創元推理文庫)

ワニの町へ来たスパイ (創元推理文庫)

 

 

このムックのランキングが全てとはまったく思わないのだけど、今年は30周年特別冊子もついていて、過去の名作を知るきっかけにもなると思います。もうずいぶん持っているけれどな…薔薇の名前も持っているものな…

薔薇の名前〈上〉

薔薇の名前〈上〉

 
薔薇の名前〈下〉

薔薇の名前〈下〉

 

 映画の方を見ているのでいまいち読む気にならないままよ。来年は!読もう!

 

で、あまり興味がないと言い続けている日本の作品ですが、それでも注目しているのが深緑野分さんです。

ベルリンは晴れているか (単行本)

ベルリンは晴れているか (単行本)

 

 今日紙の方で注文しました。出ていたのは知っていたのだけど、まあ上記のありさまで、全然読んでいないのに買っても…って腰が引けてた。

海外作品の匂いがする作家さんは興味があるので、深緑野分さんは前から気にして買っています。

 

買っています(読んだとは言わない。ちょっとは読んだ)。

 

そして日本のミステリ界で一番気にしているのが皆川博子様。

今回も隠し玉に寄稿されていてホッとしました。

 

皆川博子様と深緑野分さんを挙げている時点でお分かりでしょう。私の趣味が。

 

 

はい、そうですよ。

 

 

あ、対象としては来年になる本ですが最近買った本。

モリアーティ秘録〈上〉 (創元推理文庫)

モリアーティ秘録〈上〉 (創元推理文庫)

 
モリアーティ秘録〈下〉 (創元推理文庫)

モリアーティ秘録〈下〉 (創元推理文庫)

 

 ジムが好きですか?シャーロックが好きですか?って言えるほどそんなにシャーロック・ホームズ知らないですけどね。「アンナチュラル」でもソア橋知らなかったもん。

今の所2作読んだだけだし、トリック明かされても「へー」で終わって、そのかわりマイクロフト兄さんだけは気に入っているので、映像作品では彼の動向をすごく注目しているという…

FGOのアラフィフは大好きだけどなー

というか、キム・ニューマンはドラキュラシリーズが復刊しないまま他所で出版されたので、早く崩御まで出版されていま高額取引されている「ドラキュラ崩御」が値崩れするのを待っている。東京創元社さんは旧作の新訳を立ち上げるのもいいけどこの旧作を復刊してもいいんやで。定価で買うからお願い!

ドラキュラ紀元一八八八

ドラキュラ紀元一八八八

 
《ドラキュラ紀元一九一八》 鮮血の撃墜王 (ナイトランド叢書EX-2)

《ドラキュラ紀元一九一八》 鮮血の撃墜王 (ナイトランド叢書EX-2)

 
ドラキュラ紀元 (創元推理文庫)

ドラキュラ紀元 (創元推理文庫)

 
ドラキュラ崩御 (創元推理文庫)

ドラキュラ崩御 (創元推理文庫)

 
ドラキュラ戦記 (創元推理文庫)

ドラキュラ戦記 (創元推理文庫)

 

 戦記までは持っているのであとは崩御

 

 

警察小説とか歴史小説は好きなのでこれは気になっています

東京輪舞

東京輪舞

 
破滅の王

破滅の王

 

 上田早夕里さんって振り幅すごいなー

 

Twitterでほとんど出版社や翻訳者、作家をフォローしていないのですが、そうすることでなにも忖度せず読めるし挙げられます。

忖度せず読んで感想を書いていくぞ。ただし、偏愛はするぞ。 

 

今週の #まんぷく (第11週目)

 11週間のうちに3回逮捕される主人公夫…1ヶ月に1回は逮捕されとるというか、1クールに3回逮捕されるという計算。しかも全部御本人は悪くないという、運が悪すぎる

 今週を振り返ると、ダネイホンが中心になっていたけれど主人公の結婚より長く心配になるタカちゃんの恋の行方(タカちゃん最初は子供だったしな)、お互い毎日手紙を送り合っているあたりが昭和って感じ。今だったらLINE既読無視絶許ってところなのかしらん。先週の時点で神部くんの心変わりを危惧されていたものの、今週土曜日の時点では神部くんは東京で出会ったラーメン屋の美人の秋波に気づく様子もなくタカちゃんにべた惚れ、タカちゃんラヴァーズですらタカちゃんを忘れて称える有様なのに忠彦さんばりに偏愛している様子が描かれるので「え、大丈夫なの?ならいいけど…」と思いつつ、秋波を送る美代子さんの様子がわりとガチなので(神部くんのどこにそんなに心を寄せる要素があるのかわからん。知性がにじみ出ているのか?それとも実は絶品スイーツを作れるスキルが有るのを見抜いているのか?)心配は拭えず、しかもタカちゃんはタカちゃんで大阪帝大へ行ける可能性があるのを恋に夢中で選択しようとしない、忠彦さんの助言ですら恋の邪魔と切り捨てられて(まあ、そう思うのも仕方ないけど)、平成の終わりを生きる視聴者としてはモヤモヤと「いい大学へ行けて、あの時代には珍しく父親が進学に乗り気なのに…行ったほうがいいのに…」とか思ったりしてね。うちのおばーちゃんは理数系が得意でむちゃくちゃ頭が良かったのに高校卒業と同時に見合い結婚だったからね。

 

と、他人の恋愛など本当に興味がないことは度々こちらのブログでも吐き捨てている私が気にしているタカちゃんの恋の行方、萬平さんはのちのちラーメンを開発して成功をおさめるのはわかっているからそれよりもわからないだけにな。わかっていても萬平さんにはハラハラされているけれどな。本当、またか!って感じ。

 

真一さんは真一さんで実直で優しくてお茶の間を癒やすだけのように見えて世良さんに巻き込まれてパクリ業者へカチコミに行ったりしてちゃんとコメディやっているのが素晴らしい。僕には喧嘩は向いてないって、言う前からわかるあのへっぴり腰。1話で咲姉ちゃんの横でかっこよく地味婚を主張していた人がここまでする、これがまんぷく

 

CMに出たがる鈴さん(昭和のホーロー看板をガチでやっていたような雰囲気がある)、出たがらないけどアイコンとしてキマっていた萬平さん(本当に昭和のホーロー看板によくいそうな姿だったな)などこの一週間は楽しく過ごせたんですけどね。

 

今度の進駐軍は特に物語に絡んでくる様子はなく、弁護士がどう刑期を減らしてくるか(というか、罪自体、会社的に善意でやっていたことが裏目に出て私的に衝撃的)が見どころでしかもそれを演じるのがやっと出てくる菅田将暉さんで。

 

さあ、検索を始めよう!ってこっちが前のめりに見ちゃうという。

 

deleとか映画で髪が長めだったのにどうするんだろと思っていたら、新作ドラマにも合わせて髪を切って来て昭和の弁護士にいそうというか、若手弁護士ってみんなあんな七五三みたいな髪型なの?って首をひねりたくなるヘアスタイルで登場されます。

 

楽しみだわあ。新作ドラマも一応見る気。deleはビデオを録っているので年末年始で見るかな(5連休なのだ!)

 

あまり私、Twitterでも触れていないけど、ふくちゃんを演じる安藤サクラさんの演技が今週もすごかったな…ダネイホンのCMの声録りの声の変化とか、悩んでいるときの癖とか、他のキャラがかなり濃いのに、特に目立って個性が爆発するような人柄を演じているわけでもないのにちゃんと印象に残る。

 

今回の朝ドラは本当に上質で泣いたり笑ったり忙しい。今週は笑ってばかりだったけど来週はどうなるんだろうなあ…

 

 

運命・ウェイクアップ!

運命・ウェイクアップ!

 
第1話

第1話

 

 このまま神部くんとタカちゃんがうまくいったら舅と婿が仮面ライダー

 

 

 

獣になれない私たち 10話(最終回) 感想

 これ以上はないしこれ以下もない、他に行きようがない終わり方だったなあ

主役ふたりとも未来が全く定まっていないとか珍しい終わり方だけど、これまで見ていて感じていたモヤモヤを一気に吹き飛ばすような、いいセリフがぽんぽん出てきて、晶さんと朱里さんと呉羽さんの今後をずーっと見ていたいなと感じました。女性同士の仲がいい雰囲気を見るの、好きなのよね。

 

初めてこの作品を見返しているよ。HDDに録りためたんだけど見返したことなかったのよね、そんなに傷を掘り返したくないというか。スッキリする場面もあるにはあったし、ハッとするセリフもたくさんあったけれど。

でもここまで来たときに晶さんや恒星さんが話す言葉にはやはり現状を打破する静かな力があるといいますか、背中を押すものがあるといいますか。特にいま背中を押してほしいとは思っていないのだけど、「鮮やかには変われなくても、ちょっとずつ変わっていって苦くなくなる」「 熟成されて?」「フルーティに」と言われると、日々をいろいろ考えて過ごしながら悪くならないように振る舞えば、しんどさも徐々に和らいでいくのではとか思うよ。いま物理的で肉体的なしんどさしかあんまりないけど。

数年前に見ておけばまた違っただろうけど、もう私は辛かった勤め先を辞めたしな。

 

私は晶さんみたいに会社の偉い人にダメ出しをすることなく、このまま悪くなってしまえと呪うように辞めたけれど晶さんみたいに言ってくれる人がいるだけでありがたいと思ったほうがいい。会社だけの話じゃなくて、大人になれば悪いところや嫌なところがあって改善する必要があっても助言とか諫言とか忠告とか言ってくれない。放って置かれることがほとんど。自分で壁にぶち当たって気づく頃には取り返しがつかなくなったり、引っ込みがつかなくなっているものです。言ってくれる人がいるだけいい。

いやーなことを言われても真摯に受け止めよう、と自戒したり。

 

晶さんと恒星さんはあんまり言葉にしないけどお互い一緒にいたいと思って終わったの良かったですねえ。美しいハッピーエンドでした。間違えたとかどうとかで延々と話し合っていたのは見ていて可笑しかったです。最終回をあの会話で尺を使うの、とても贅沢で素敵。よくある作品だったら晶さんとか他の社員が会社にキレて荒ぶるカタルシスシーンに尺をもっと使う。

 

トラウマをいろいろえぐられるのでまた見たいとはあんまり思わないけれど、スッキリしたなあ。

円盤はね、世の中の企業全部が買えばいいよ。あとこれから結婚しようとする人。

パワハラモラハラの良い教材になると思う…

 

私も子供を作る気がないので「子供を作るために結婚するのか」という呉羽さんのセリフには「そうだそうだー!」って言ってました。

本当にいろいろ考えさせられる作品だったなあ。野木さんの脚本は大好きです。これからも楽しみに次の作品を待ちながら…逃げ恥とアンナチュラルを見返すぞ。

【早期購入特典あり】逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX(B6サイズクリアファイル付)
 
第1話 名前のない毒

第1話 名前のない毒

 
アンナチュラル Blu-ray BOX

アンナチュラル Blu-ray BOX

 

 

 

ところでさ。

 

 

田中圭さんさ。

 

 

 

最終回に「勝手にきめんなよ」言いがち!同じセリフでもまったくニュアンスがちがう、そしてあちらは合コンから始まったけどこちらは合コンで終わってしまった…

 

つながりはまったくないはずなのにな。また合コンで隣になったひとと後々結婚するのかな、となりはバツ3の上司だったけど。あんまり出演作品を混同させた話はしたくないのに、ついついやっちゃった。

 

映画化、おめでとうございます!

 

おっさんずラブ DVD-BOX

おっさんずラブ DVD-BOX

 

 

最近のソシャゲ(主にFGO)

 これマジで欲しい

ロマサガ リ・ユニバースがリリースされたじゃないですか。

私、ロマサガは2とかめちゃめちゃハマって最後詰んだ人なのでちょっと楽しみにして始めたんですけど。

なんというかね、確かにキャラは小林さんが描いたものが基本でいままで出た有名なキャラクターが使えるみたいな作品ですよ。でもね、作りが他の何処かで見たようなスマホのゲームと同じなんですよね。SEうるさいし、UIもどこかで見たことがある。

あーこれすぐ飽きるやつだ、そしてサガフロのレッドがAランクってなんやねん、SSやろと。

 

面白いかどうかはこれからなんだろうけど、どこかで見たようなゲームって目新しさがそこでないからもういいやって。

 

 シャニライは藍ちゃんがURのイベントなので1日目はすごく頑張っていたのですが、私は面白さがないと始めることすらスイッチが入らないというか忘れてしまうので、結局忘れています。先日アンケートに答えたのですが、イベントは本当にニートでお金持ってないと無理です。FGOのイベントよりずっとハードルが高い。そんなに時間をさけない。お金はあっても、ずっと何周もそのイベントを続ける時間と集中力はあんまりないんじゃないか。そのへんのバランスが仕事してお金持ってるファン層にやさしくない…

 

ということでいかに彼らが好きでも離れていくというか、アニメも映画も新曲もリアルイベントもいいんですが、この作品の本文ってゲームじゃないですか。

ゲームどうなった。

「初の乙女ゲー開発中」どうなった。これまでのアレは乙女ゲーではなかったらしいが。

 

そうやってシャニライもぼちぼち…でも気が向いたときに遊んでブロマイド引いて、気がついたらURばかりで組めるようになりました。カミュと翔ちゃんがめっちゃ多い…

 

 

とうらぶは、親友が仕事関連で啓蒙を受けて「わたしも少しは知ってる」というのをドヤァと大典太光世が来たときのスクショを送ってマウンティングしたものですが(親友たぶんよくわかってないからできるマウンティング。本当にマウンティングになるならやりません)まあ、たまに鍛刀してもよほどのイベントじゃないと遊んでないよね…遊ぶのを忘れる。あとシステムが本当によくない。戦うコマンド選んだらあとはぼーっと見ているしかなかったら、寝ます。

 

ADHDだからだと思うけど、面白くないとそれを遊ぶという発想すら欠落するというか。

 

その辺毎日ログインさせてなんなら最新のところまで進めさせているFGOすごくないですか?

単に相性の問題もあるかもだけど、もともと私、月姫苦手だったんですよ?

なのに今や大好きですよ、Fate

スマホのゲームにしてはSEがうるさすぎないのも好感持てるし、音楽もいちいちいいし。2部3章を本垢は今朝クリアしたんですが、超面白かったです。新所長相変わらずおもしろいし、2章に続いてご夫婦が切なくて美しい。

そしてまたとんでもねー鯖が出てきましたね。全裸系で性別すら分からんというか朕、最高です。好きです。でもうちの垢には来ません!!辛い!

 

サブ垢にはルーラーがいないので(本垢は早いうちにジャンヌが来ています)クリスマスイベントで頑張って姐さんを報酬でもらわないとな、と思っています。ケツァルコアトル姐さん大好きなんです。ここでも何回も書いているけど。

ここ最近ルーラーのありがたみを感じているのでぜひとも欲しいですね…

 

よそのゲームを下げて好きなゲームを上げるという書き方は好きじゃないのですが、私が長続きできるかどうかの違いをあげてみると、

他所で見たようなシステムは飽きる。色味まで同じなやつとかゲシュタルト崩壊起こす。模倣するほうが悪いんだろうけど、模倣される方までつまらなく感じてくることもある。

同じ作業を延々とすると飽きる(というか寝落ちする)

イベントを続けるのを忘れる(FGOもたまにあるよ)

 

溶かす溶かさないのちがいは、レアリティの高いものがどれだけレアリティが高いのか、価値があるのかわかりやすいかどうかにつきる。

FGOととうらぶとシャニライは溶かしたことがあるけれど、溶かしてまで欲しいものがあるかどうか。そのへんの訴求力が他のゲームにはないのに溶かせ溶かせとおっしゃるから「そうはいくか」と離れてしまう…私が偏屈なだけかもしれないけど。

 

FGOはイベントのお祭り感、わちゃわちゃ感も相性がいいんだと思います。内輪ネタとか嫌いな人は無理だろうと思う。私は平気。

特に1部の5章くらいからかな、礼装とかパーティとかを考えないと全滅するようになってきて、あ、これカードゲームなんだと把握すると戦闘も楽しくなってきた。もともとTCGやりますからね。そのへんも相性がよかったのかも。

コストの量も、ちょうど集中力が切れるところでなくなる感じだし、のんびり進められるのよね。イベントはリンゴ使っても頑張るけど報酬がいいし、そこまで根を詰めなくても出来るバランスがいい。

 

ということでFGOをあげまくっていますが。

グッズを買ったりグッズのためにローソンでユンケルを買うのもまた楽しいくらい、素敵なコンテンツだと思っています。絵師さんが粒ぞろいだし…デフォルメキャラまで大好きだしな…FGOマンチョコ買ったよ…

2部3章面白かったなあ。虚淵さんの脚本とのことだけど、ところどころセンチメンタルで、そこまで心をえぐられることもなく(Fate/Zeroまどか☆マギカを引きずっている。なんならサンファンもちょっと)ちゃんとFGOの世界観も大切にされていて。

 

結局今年一番遊んでいたゲームになっていると思います。来年もそうなるかもね。

いまから福袋が楽しみだものな。たぶん大晦日は「笑ってはいけない」を見ながらFGOの生放送を見るんですよ…

生放送の吸引力と浸透力もいいんですよね。ええ、めちゃくちゃハマってます。

酔わない #スーパーマリオオデッセイ

うちのお婿がもうすぐお誕生日なので、彼の要望通りマリオオデッセイとスマブラを買ったんですよ。

毎年本かゲームなんですけどね、小学生かな?

 スーパーマリオは3D表現をするようになって、64から酔うようになったからギャラクシーもやっていないしこちらも論外と思っていたんですが、待てよと。

 

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドはクリアできた私ですよ。

Switchならいけるんじゃね?って。

 

まあまずろくちゃんに遊んでもらってみましたが、横で見る限り酔わない。

ろくろうさまの美技に酔いなくらい?

ふつーに上手なんだよな…

 

私だとこうは行かないだろうなと思うくらい綺麗にすすめていくのを横で見ながら、どこにどんなアイテムがあるかは覚えていきました。

いやー、去年発売した時点で買えばよかった。酔うなんて杞憂だった。

 

もちろんお助けモードを駆使しているけれど、宝探しみたいにいろいろ探すの楽しい。

アクションが複雑な感じもするけれど(昔からアクションのパターンは変わっていないので、私が下手なだけ…)

 

任天堂さん、声高に言わないけど3D酔いを憂慮していて、酔わないよう開発してきたんじゃないかっつーくらいゼルダの伝説ブレスオブザワイルドも(開発ぜんぜん違うけど)ゼノブレイド2も酔わない。私が克服したんじゃないよ、他所のゲームで酔ってるし。ありがとう任天堂さん。

 

マリオオデッセイもスマブラamiiboが活躍するゲームですが、私は意外に持っているのでこれから楽しみ。

 

amiibo タクミ (どうぶつの森シリーズ)

amiibo タクミ (どうぶつの森シリーズ)

 

 …本当に意外に持っているな!!10個は自分でも流石に引く

 

いま分岐を経て森の国へ来ているんだけど、本当に超おもしろい…やめどきを失っている。

 

ところで、私はJoy-Conを切り離して遊んだことが全然なかったのですが、この度それを推奨されたので初めて使おうとして…

 

Joy-Conストラップを逆につけて離せなくなりました。

 

 

なにこれとパニクったのですが、すぐにお婿が調べて教えてくれました。

www.nintendo.co.jp

結構強引な物理技なのですが、救済措置もちゃんとあって映像とともに紹介してくれるのは助かるけれど、あんまりネットを見ない人はパニクって買ったお店とかに駆け込むんだろうなあ…最悪壊すんだろうなあ…説明書も見なかったりするんだろうなあ…(私も見てなかったけど)

 

Joy-Conで遊ぶのも楽しいですが、やっぱり携帯モードで遊ぶほうが私にはしっくりするかな。

スマブラも買ったことだしちゃんとしたコントローラも欲しくなっていたり、GCコントローラが2,3個あるのでそれを使えるようにしたいような。

 

それにしてもこのマリオの楽しい感じ、ブレスオブザワイルドを彷彿とさせる気持ちよさです。私にも出来るんだ、って喜びがまず強い…

酔うってだけで出来なかった楽しいゲームの数々、あの悲しみがこのゲームにはないんだとか。

すごく嬉しい。

 

ソロでモンハン出来るかな:ワールド

モンハンクロスまでは発売日に購入していたのですが、まー、ろくにやる暇ないしマイペースでやるしかないのにそんなに頑張ってもとこちらは静観しておりました。PS4はテレビ画面をドラマに優先させたいときに出来なかったし。 

モンスターハンター:ワールド - PS4

モンスターハンター:ワールド - PS4

 

それが最近PS4用?にモニターを買い、その辺を気にする必要がなくなった矢先にMHWがかなりお安くなったので買いました。

まだ序盤も序盤だけど、いままでと違って肉焼きから始めるとかない、ペイント玉がない、フィールドが広いけど大丈夫ってのは経験がそこそこあるプレイヤーをダレさせることがなくてそれなりに息の長いシリーズとして守るところと進化させるところの選択が出来ているんだなとホッとしたり。ペイント玉よりリアルよね、導虫。しかも調査しながら探すから無理矢理感がない。

 

画面が綺麗だから酔うかなーと思ったけれど、そこも心配なかった。私、モンハンでは酔ったことがないのよね。

 

しょっぱちに変な鳥が出るのがクック先生を思い出せて嬉しい。

 

久々だから操作がすごくへっぽこですが、鳥と戦っていたら勘が戻ってきました。

まだまだ慣れが必要なのと、割と軽率にオンラインで人と関わりが持てそうなのがおっかないけどソロでどこまでできるかなー??

 

今週の #まんぷく (第10週目)

 今週はヒヤヒヤしたねえ

 先週から不穏な感じがしていた手榴弾が原因で進駐軍にクーデターの疑いをかけられたたちばな塩業の皆さん、真一さんなんか完全にとばっちりなのに巻き込まれて拘留されてしまいます。

世良さんも捕まってしまったけどこれに関しては大して同情されることがなく(知っていたかもしれないけど知らなかったらこの人も巻き込まれた感じなのに、日頃の行いが悪いから…)「ふくちゃん助けて!」ってマジで焦っているところとか尋問を受けてドヤッと喋りながら鏡を見て「やっぱええ男や…」と言っちゃえるところ、チャーリー・タナカとの絡みなど中の人の魅力が満載でした。世良さんを憎みきれない人に見せられるのは中の人あってこそだろうな。今回、なんで魚の獲れる時間とかを世良さんがフォローできるのかとかいろいろツッコミもあったけれど、それは…

海の声

海の声

 

 って誰もが心の中でもしくは口に出したよね

 

今回は日本語が出来て進駐軍としての威厳もあってなかなか難しい役どころをよりアメリカ人に見えるハーフの俳優さんとかで済ませることなく、ちゃんとしたアメリカ人に見えるカナダの人を選んだのすごいと思う。兄弟でそっくりなのに兄弟に見せないし兄弟にしないし。

southview

southview

 

 一週間の出番なのにたくさん出演されたからか、バックボーンは小道具でしか語られないのになにかいろいろあるんだろうな、とこちらに想像させるのがすごい。同じようにチャーリー・タナカもあまり多くはないセリフの中でアメリカにいた日系人が戦時中にどんな目に遭ったかをはっきりと語ることはなかったけれど、われわれ視聴者の知識からの連想に委ねるシナリオにドキドキしました。

加地谷さんもそうだったけど萬平さんたちを苦しめる立場にある人たちもすべてが悪かったり嫌なわけじゃないのよね。業務上そうせざるを得ないけれど、人対人で付き合えばもしかしたら仲良くできる人たちだったのかもしれない。国と国は敵だったけれど、って言うのが伝わってきました。

 

で、そこで挙げたけど加地谷さんが改めて萬平さんのために出張ってくれて、この、出番がなくなってもその人達が生きている感じは嬉しい。なぜかちんどん屋さんになっていたけれど、前よりもずっと生き生きしているので良かった。

 

この度は萬平さんは悪いことをするような人ではないと色んな人が運動してくれたけれど、手榴弾でクーデターを企てるような人とその企業ではないと証明するためには弁護士ではなかったら出来ることってそのくらいで、あとは浦ちゃん世良さんが的確にフォローしたから軍事裁判は免れたのだけど、この一週間ではっきりしたのは土曜日の萬平さんの仕事論に尽きるんだろうな。またいいことをおっしゃいましたよ、先週までのマッドサイエンティストぶりは返上ですよ、たぶん…

ふくちゃんはふくちゃんで手紙を書く、忘れかけた英語を必死で思い出して訴えかけることしか殆どできなかったけれど、それで塩軍団たちをまとめ、進駐軍の心を掴んだ感じがしました。鈴さんは武士の娘アピールをすることで「あーこの人はクーデターとか考えなさそう…」ってわかってもらえてよかったんじゃないかしらん…源義経は幼名は牛若丸、ってところから全然本筋から離れていったであろう供述、書紀係も大変だったろうな…世良さんのときも大変そうだった。

 

こうやってシリアスな展開でも毎日ちょいちょい笑いを挟んでくれるので安心して見られるところがあります。先週の「萬平のまはマッドサイエンティストのま」よりは気楽に見られたような。ふくちゃんがなにかしら出張っていても、源ちゃんを見てくれる人がいると必ず描写があったのもよかった。

ミュージシャンの人達もすごく上手かったし。多芸多才、素晴らしい。

 

で、菅田将暉くんが出るのは12週という噂も聞いていたので進駐軍の拘留は長引くのかと危ぶんでいたら今日釈放されるので菅田くんはーーーー?と驚いたのですが、彼が登場するのは来週の予告で問題が露見した、ダネイホンの模倣品の権利関係っぽい。

 

また拘留のあとの、今度は裁判かーこれで権利関係とか特許関係も学んでの、チキンラーメンカップヌードルになるんだろうな。

来週はタカちゃんと神部さんも揉めそうだし、わちゃわちゃしそうでちょっと楽しみです。

あとは今後の登場人物とあらすじがふわっと発表されましたが、加藤雅也さん大好きなので嬉しいのと、まさかの牧瀬里穂さん。

同じ画面に出ることはないだろうけど、咲姉ちゃんの内田有紀さんと牧瀬里穂さんってもう、フジテレビドラマ全盛期の頃の人気若手女優だっただけになんかなつかしー…楽しみです。

 

BASIN TECHNO

BASIN TECHNO

 

 今週の出演者がリリースしたものを貼り付けて見ましたが、ふつーに音楽番組が出来る面子だな