夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

レディ・プレイヤー1を見てきたよ。(ネタばれもあるので注意)

 悪いことは言わん。劇場に見に行きましょう。お高くてもIMAXとかで見ましょう。

 劇場に行くと周りの観客のマナーの悪さが気になってしまうし人が多いところが嫌いだから去年ラ・ラ・ランドを見て以来劇場へ行ってなかったのだけど、今回はろくに事前情報がなくとも見に行ったほうがいい、スピルバーグのSFは劇場で見よう、と奮起して行ってまいりました。どうせ行くならと、IMAXの一番お高いシートで、誰の頭も見切れないど真ん中のポジションで。

 

ネタバレ無しで書くとすれば、小学校上る前からのSF好き、アニメ好き、映画や洋楽が好きでよかったなあ…って。

それまで好きでいたものを、スピルバーグによって肯定してもらったような気になりました。この作品の面白さのエッセンスの大体がわかっちゃうことの僥倖よ。

アメリカでどれだけウケるかわかんないけど(ヒットしているらしいけど)日本人の一部がはしゃぐ内容のものを作ってくれて、感謝しかない。

 

元々スピルバーグの作るアクションシーンが大好きで、このブログでも「タンタン」とかこちらのブログでも感想を書いたような気がするけれど、気持ちがいいのよね。派手で目が離せない。そこを期待したら期待以上のものが見られるのでお楽しみに。

 

ここからネタばれ

 

続きを読む
広告を非表示にする

アニメ「ゴールデンカムイ」#1と原作1巻

 アニメを見る気はあったのに、配信はFOD(フジテレビオンデマンド)独占と聞いて、サイトがいろいろ説明不足なので課金しないと見られないのか、私はアマプラdアニメネトフリに課金しているからこれ以上サービスに課金したくないぞと困りながらとりあえず原作を読みました。

 血なまぐさいのはあんまり好きじゃないのだけど、これはジビエ漫画としての側面もあってそれがいいと紹介を受けて、急にテンションが上ったり。

1巻が鉄板な感じの見事な説明と導入で、さすがジャンプ系、抜かりがないし伏線の貼り方と回収の仕方もうまいわと作品構成にうなりながら、アイヌ民族の文化も細かく描写されて教養漫画としても価値を感じる。あとアシリパさん可愛い。

面白いから2巻も続けて読みたいけれど、最初はKindleで買ったものの私的に紙で買って読んで売ったほうがいろいろいいかもなーと思っているところ。

 読んだら記憶するから、よほどの作品以外は保存することをそーんなに執着しない。ジョジョの奇妙な冒険以外執着してない。

 

それはいいとして、前述の「コンフィデンスマンJP」を見るためにFODのアプリを落としてチェックすると、ゴールデンカムイの第1回が無料配信されていると漸く気づいて(本当、周知が下手だと思う…実際確認しないとわからない、明確なアナウンスがないの残念過ぎる。公式のツイッターアカウントではアナウンスしているかもしれないけど、サイトを見た限りでは月会費が必要なサービスでしか見られん感じを受けた)見ました。

こちらも原作を丁寧に踏襲し、作品の世界に引き込むのが上手な作り。

主人公を演じる人の名前が見慣れないが上手さとセリフ運びがちゃんとした役者さんだなと思ったら正解でした。いい声でね。

これから大好きなほそやんも中田譲治様も出演されるので、続けて視聴します。

血なまぐさい表現苦手だけどたのしみー

広告を非表示にする

アニメ「ペルソナ5」第2話 感想 あと鬼灯様

あべまでリアルタイム視聴したかったのに寝てました。

でもいま便利ですね、終わったあともあべまのタイムテーブルの番組名をタップしたら(全部かどうかしらないけれど)配信済みのものもチェック可能。

無料配信なのにいたれりつくせり…

 2話も原作を踏襲、各キャラちょっとチラ見せさせながらも主人公と竜二と初登場のモルガナ、あと鴨志田のクソっぷりに焦点が当たっていました。

駆け足気味ながら、主人公のアニメでの性格がちょこちょこ表現されていたと思います。前歴があるからと妙にビクビクすることもなく、堂々と普通の学生として振る舞っているし、鴨志田に鋭い目を向けるし、竜二に打ち解けていい笑顔と呼び捨て。

ジョーカーはクールでパレスでの振る舞いもハマりきっているし、パレスに関してはモルガナの解説でちゃちゃっと済ませて作品に入り込みやすく作っているように見えました。

 

原作をきちんとアニメにしてくれているからか、原作をやったほうとしては鴨志田のクソっぷりに久々にイラつくのも含めて物語の再現を見守るだけです。

ペルソナ4で完二くんのダンジョンを完全再現してくれたことを踏まえると妙に安心感がある…

 

そのあとで見ることになるのが「鬼灯の冷徹」ですけど、ギャップがあるようなないような(下手したら登場人物かぶるじゃん?リリスとか)

 2期その2になってから笑いどころが更に面白くなっている気がする。つーか声に出して笑うことが多い。

今回はおじいちゃんの服とブルボン王朝とハウルの◯く城、鬼灯様のコーディネイトにすごくテンションの下がる双子など。ハウルなんか音楽も寄せていて相変わらずその辺がうまい。

白澤様におじいちゃんの服を着せて鬼灯様に「おじいちゃん」と呼ばせたところが絶妙でした。

あと魔女のマリンちゃんが野沢雅子さんなのとか大御所の使い方が相変わらずうまくて豪華。

安心して見られるわりと知的なギャグアニメは大事です。マキちゃんもお疲れ様でした!(いつも大変そう)

広告を非表示にする

00続編が決まろうと決まるまいと私は00が好きだ

ガンダム00は1期が格別に好きすぎて(2期は全裸がパーンと出るようになってからは真顔で見れなくなった…)ニールが死ぬ回は何回見たかわからん。

劇場版は、劇場まで見に行って私は( ゚д゚)ポカーンと見ていたのだけど、メタル刹那とおばあちゃん姫を見て更に( ゚д゚)ポカーンとなり、終わったあとに席を立ったら傍に座ってみていた3人の若い男の子たちが声を殺して泣いていたので更に( ゚д゚)ポカーンとなったものであった。

という感じで、00はアレルヤと劇場版でチャム・ファウになったティエリアと随所で面白かったグラハム・エーカーが好きだけどだんだんフェイドアウトした感があったんだけど。

続編(なのかどうか実像はいまのところつかめていないが、グラハム生存情報が入ってきた)と聞いてアレルヤがまた見られる!?と浮足立っております。

 

たぶんねー、歴代ガンダムキャラの中で一番好きなの。アレルヤ

 まあ、性癖ですよ。浅黒い肌、細マッチョ、ドSとドM両方いける、前髪長い人結構好き。特に背中が美しい。

 

他にガンダムのキャラで好きといえばディアナ様とかフォウ・ムラサメとか女性が多めであとはしいて言えばドモン・カッシュシーブック・アノーかな(どちらもちゃんとヒロインを救う。アレルヤもわりと頑張る)

 

結局どうなるのか知らないけれど(舞台化は把握した)キャスティングも夢のようだからね。続編が叶うなら楽しみです。音楽もかっこいいですよ。

広告を非表示にする

コンフィデンスマンJP #1 ほか

 声優としても素晴らしい演技をしてくださる長澤まさみさんが最近大好きです。

ケトルVOL.42

ケトルVOL.42

 

 歌もお上手。

 いうても、声以外の演技で覚えているのって三谷幸喜脚本の長時間ドラマで不幸な役を演じたのくらいなんだけど

コンフィデンスマンJP(上) (扶桑社文庫)

コンフィデンスマンJP(上) (扶桑社文庫)

 

 でもコメディエンヌぶりとコンゲームが見られそうだから期待して、ビデオに録った…はずだったのが、うっかり予約していなかったのでFODアプリを落として見逃し配信を見ました。

 

おもしろかったー。

ボコボコにされた小日向さんのことはうすうすわかっていたけど、周りの子猫ちゃんたちがどこまで騙しなのかが計り知れず、「しゃしゃちゅぶだ!」がみんな可愛かったのと、長澤まさみさん演じるダー子の私服が必ずダサい、ハニートラップが効かないのが真に迫っているあたりが。

 

フジテレビは最近悪手ばっか、ってイメージですが、いいものを作ろうとしているし作っている人だっているのにネガキャンに潰されている感じがあります。もったいない作品もあるにはある。

 

小日向さんの良い人も悪い人も演じられるところが存分に生かされているし、東出昌大さんも美しいが最初のホスト役とか見ていて「この人3児の父よな…」って可笑しくなってコメディもいける美男って大事。

そしてゲストの江口洋介さんも演技の幅がひろいけれど、長身で顔立ちも緊張感があるから怖い役をやらせたら本当に怖く見えるのが活かされていて茶番じみたコンゲームに真実味を与えていました。騙す相手が悪ければ悪いほど、罠にハメたときが気持ちいいんだよね。

 

で、ビデオに録ってもらった「西郷どん」も漸くぼちぼち消化しているんだけど、黒木華さんがみをつくし料理帖につづいてこちらでも惚れられる役で、惚れるほうが瑛太さんとその弟っておもしれーなー顔立ちの相性は濃い薄いが合うのにどっちも実らない(みをつくし料理帖のほうは原作ではいい感じらしい)のねーとか思いつつ、出ている役者さんも魅力的で特に塚地さんが可愛い…うちにもほしい…

西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

 

 それと、銀ちゃんと小夏とヤスが共演しているのを神谷浩史さん発信で知ってあわてて見た向きがあるので、3人がはしゃいでいる回とか目頭が熱くなりました。

蒲田行進曲

蒲田行進曲

 

 

リアルタイムでは西郷どんが衆道に、ってので盛り上がっているようですが!私、幕末好きの割に西郷隆盛には疎くて男性と入水自殺とかしたことがあると初めて知ったのよ。(私が好きなのは主に坂本龍馬真選組新撰組長州藩なのよ…)史実に萌えるわ。

 

で、いま6話を見ているのだけど…

劇団ひとりさんの演技…ネタを見ているようで面白い…芸人さんが演技をするのは大好きだけど、演技よりもネタを思い出していけない。

 

今回も芸人さんが多く配役されているけれど、元から役者としてもいけそうな人ばかりだからしっくりしている。ひとりさんもしっくりしているんだろうけれど、私がひとりさんのネタが結構好きだからな…

 

真田丸と直虎を見損なったけれど西郷どんと来年の大河はなるべくちゃんと見たいですねえ。

広告を非表示にする

これどうやってアニメ化するんだ「テンカウント」

 前から読みたかったのが1巻が無料になっていたので落として読んだらそらー最後まで読むわ。超おもしろいもん。

テンカウント(6) (ディアプラス・コミックス)

テンカウント(6) (ディアプラス・コミックス)

 
テンカウント(1) (ディアプラス・コミックス)

テンカウント(1) (ディアプラス・コミックス)

 
テンカウント(1)【期間限定 無料お試し版】

テンカウント(1)【期間限定 無料お試し版】

 

雑なあらすじ:潔癖症というか不潔恐怖症の城谷さんはひょんなことから(この「ひょん」が私は擬音として好きでよくひょんひょん云ってる)臨床心理士の黒瀬くんと出会い、自分の不潔恐怖症を克服するためにプラベートで友達として会うようになるが、駆け引き上手でドSの黒瀬くんに翻弄され調教され 己のトラウマと恐怖症に向き合いながら徐々に距離を詰めていく

 

いちゃいちゃどエロなBLを久々に読んだけど年下でドSの攻めがヴィジュアルも性格もすごく好みなので「よかぞ!よかぞ!」と萌えを吸収していたのだけど、クライマックスで出てきたビッチの一挙一動がもう、私の中のポプ子が荒れるくらいひどかった!

 

つーかビッチいまいくつだよ。城谷さんが11歳の頃に高校生なら相当な歳でしょ?

臨床心理士の黒瀬くんより少し年上の城谷さんより5歳は年上が黒瀬くんを逆ナンしようとトラップ仕掛けるの超いやらしいわあ。ゲスいわあ。BBAはすっこんでろって思うわあ、13歳年下と3年付き合った私が思うことでもないけど(あれは私が仕掛けたわけじゃないからいいんじゃ)

 

そんなビッチをビッチと表現してドSらしく振るとても素敵な黒瀬くんを見てすっきりできたのはいいけれど、いやー、とんでもねービッチがバクダン落とすなあって。

 

元々の性的嗜好がどうだったかわかんない男性同士が惹かれ合うとどうなるのか、外野はどうなのか、そしてトラウマ抱えているならどう向き合うのかが割りと丁寧にじっくり、しかし結局この人達ドスケベなことをしたいだけだよなー若いし、ぐへへ、と楽しませていただきました。

 

でもこういう作品って、同性同士は世間体がよくないって意識からスリリングな雰囲気が生まれることもあるので、そんなのがスリリングにならないくらい、当たり前になればいいよねー年上の受けの城谷さんのほうが女子に見えることも多かったので、ヘテロっぽくも見えましたが。どっちでもいいわ萌えるわと結局思いました。

 

 

ところでBL作品のアニメ化って私は「学園ヘヴン」しかちゃんと見たことがないのだけど(「世界一初恋」とかは見たことがない)、この作品がアニメ化されると最近アナウンスされたけど…大丈夫なのか?

ドラマCDどおりだと大好きな前野智昭さんが黒瀬くんの役をされるとのことで、最高かよ!聞いただけで今日の私はテンションしてるぜ!

だけど深夜アニメでどれだけやるんだろ??

 

勉強のために「世界一初恋」見ておくか…マンガは途中まで読んで、私は野分*1が好きです(わかりやすい好み)。

世界一初恋 ~小野寺律の場合13~ (あすかコミックスCL-DX)
 

 アニメちょっと見たんだけど…セックスしてない…マイルドぉ…

 

 

「テンカウント」は最初から読み返そうとすると、2巻と4巻では随分画風が変わっていて、横顔とか巻が進むごとに綺麗になっているから良かった。

作者の人はちょっと前にシルフで漫画を読んだことがあるけどBL漫画家だと認識していなかったのよね、最近FGOの概念礼装のイラストで名前を久々にお見かけしたなあと思ったらアニメ化が話題になってざわついていたので、でもざわついている理由がわかった。

本当、どんなふうに、どこまでやるんだろ??心配で楽しみだなあ。 

 

私はそんなに潔癖症じゃないと思っていたけど、そういえば元カレから潔癖症だと指摘され、他人が自分の家のトイレに入るのが嫌いだったり、自分が他人の家のトイレに入るのも嫌だったりするし、仕事以外で一時的接触をするのは苦手だし、回し飲みは超嫌いだし、誰かの食べ残しを食べるのも相当抵抗あるなと思い出しました。

誰かの触れたところは手を洗えばいいから素手で平気だけどな。あと犬猫飼ってるくらいだから。

 

でもこれは生きづらいだろうな。

*1:野分はロマンチカの方のキャラだった…

広告を非表示にする

アニメ「ペルソナ5」1話感想

 ゲームはリアルタイムでエンディング見てます。このブログに感想を書いています。

そしてペルソナ4はアニメリアタイ、円盤も買いました。

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4

 

 

You're myself, I'm yourself

You're myself, I'm yourself

 

 なのでペルソナ4アニメがすごかったことを踏まえてどういう進行でどういう尺で行くかに重きを置いて見てしまいました。

つまり、「冒頭、かなりボリュームあるけどパレスに行ってペルソナと契約して終わるのだろうか??」が気になっていた。

 

契約して終わったね!ミラクルかよと思うくらい綺麗に端折ってわかりやすく、そして原作を踏襲して作ってくれました。

鴨志田の車に乗ったあとの杏どのの憂鬱そうな顔とかさ!

 

ちゃんとカジノから始まりそこが11月だと提示された状態、主人公がワケアリ、どうなのお姉さん、高校生探偵明智、そーじろー(家と喫茶店)、学校の雰囲気、先生(チラシ…)、鴨志田、杏どの、竜二のキャラなどよく23分におさめたな。

 

その代わり新宿のダンジョンは再現されなかったけれど。

 

アニメから知る人はネタバレを踏まないようにしてほしいところ…間違ってもコメ付きの配信やTwitterは見ちゃだめ。でも見たところTwitterの方は良識がある人が多いのか核心に触れるつぶやきはなかったけれど。

 

もうね、本当にすごいからね。イゴールが津嘉山さんなのも大事だからね。つーかそこがらみが私はいちばん好きです。

 

4クールかもしれないけど楽しみに見ます。アニメ化(しかも作画とっても綺麗)ありがとー!!

広告を非表示にする