夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド進捗 素材集めに奔走する日々

 買った頃にイワロックに震え上がり、ゾーラのイベントで雷の矢を集めるためにライネルと殺るか殺られるかの死闘を繰り広げた結果食材不足で諦めた私に云ってやりたい。

 

「2ヶ月後には挨拶代わりに倒すようになるぞ、姿を見るとドロップする素材にしか見えなくなるぞ」

 

 

 大妖精を全員見つけて、お金を捻出して防具のレベルアップを最大に出来るようになったのでいま、圧倒的な宝石やレア素材不足なのでイワロックを倒したりテリーを追いかける日々です。

テリー、結構怖いキャラよね…夜だけのマモの人よりずっとえげつないよね。

 

ガチロックやマグロックのほうが倒しやすい。

ライネルは硬すぎて倒すのが難しいが、先日初めて倒せました。

ヒノックスはちょっと前にビビりながら倒していたのがウソみたいに今は目玉を狙いまくりです。弱点がわかりやすくてよいではないかよいではないか。

 

本当はこの三連休中にトカゲをなんとかしたかったのだけど、耐火服がまだ強くなりきれないのでヒケシアゲハを必要数見つけるまでは様子見。

そしてFGOのイベントを楽しんでいました。初めて概念礼装をちゃんと4枚集めきったぞ。

そして石をいっぱい集めたので、いつか来るであろうアルジュナとカルナのピックアップガチャに備えます。美少女ばっかいやや…

でもそうは言いながら明日?からの☆4サーヴァント1体プレゼントでニトクリスちゃんを選びそうで。

最近、メジェドやジャスタウェイがツボなのを自覚した。あと沖田のアイマスク。

 

神々の記 ラバーストラップ メジェド

神々の記 ラバーストラップ メジェド

 

 

 

 

広告を非表示にする

双子峰とわたし

私のデヴィッド・リンチ歴はムダに長いぞ。

母親がデヴィッド・リンチの大ファンで、子供に見せてええのんか、こんなん子供に見せるもんちゃう!!と何度涙目で拒否してもなんども「エレファント・マン」を見せられ。

最近見直したけど悲しい話で、人間愛を学ぶために見せたいと言い切った母も悪くはないとは思うけれど、私の甥っ子姪っ子達には大人になるまでは見せたくないです。

でもそれ以来デヴィッド・リンチに苦手意識があって母親に見ようと誘われてもブルーベルベットワイルドアットハートロスト・ハイウェイも見ておりません。デューンだけちょっと見た。

音楽でナイン・インチ・ネイルズが参加しているのはよく聴いたけれども。

 

そして双子峰は全話見る母の話し相手をしながら漫画を読んでいたようなきがする。

で、例の赤い部屋のシーンは寝ているときに目を覚ましてたまたま見て、母親が感激しながら「ほんまわけわからん!」と喜んでいたのが印象的だった。あなたそういうところあるよね…って。 

 だからリアルタイムから全然ハマってなかったのだけど、リンチ歴が長いのは母だけのせいじゃなく、4歳から付き合いがある親友がワイルドアットハートの頃からリンチにハマって、それからずーっとずーっとずーっとファンなのであった。

で、なぜか私も好きだと思ってくれているのでロスト・ハイウェイのパンフレットも当時は単館上映は大都市でしか見られなかったので買って送ってくれたり、なんかいろいろリンチの話をしてくれたし、子供の頃からリンチの映画を見ていた私を高く評価してくれていたようだった。いや、トラウマなんだって。あれすごい映画だけど子供心にかなり怖かったんだって。

 

そしていまになって登場人物がほとんど引き継がれたままシーズン3が公開されたので親友がいい機会だからとパイロット版と最後の7日間をDVDでくれました。

 

見ました。パイロット版はリアルタイムで見たような気がするのよね。

 

喧嘩のシーンが引きのカメラでもっさりしているのが面白かった。

それはいいとして、面白いのでシーズン1のDVDを取り寄せました。みごと親友の罠にハマってしまった。ある程度心が強くなったのと、あれが遠い昔になったので見られるというか。

 

私が見ている映画ってどれもあんまり残酷表現とかホラー要素ないでしょ?

ホラー映画大好きな母親に見せられてきたトラウマですねん。

先日母親に会ったら職場でB級ホラー映画見ていたし。どっからそんなもん見つけてくるんやと不思議なくらい、知らない作品をわざわざ選んで見て「ひっどいわあ」って言いながら笑ってみているの、残酷なシーンを。

 

私は元々ビビリなのにそんなのを見せられてきたのでいまは自分からはホラーに接しないことにしております。唄って踊る作品が大好き!!母親はミュージカル嫌いらしいけど、父親が大好きなのでそっち寄りなんだろうな。

 

この歳になって初めて見るようなものなんだけど周りを固めるキャラクターが変なのが多いのが気になる。真剣に見ればきっと大好きなやつなんだろうなというのはわかる。

実はさっきまでローラ・パーマー事件は作中で解決していると知らなかったので、環境が濃いリンチ好きに恵まれている割にそんな予備知識がない状態で見られるのでラッキーかもしれないね。

 

ロスト・ハイウェイ

ロスト・ハイウェイ

 

 

広告を非表示にする

皆ツッコミ入れたい「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」と「業火の向日葵」

HDDビデオの録画リストに入っていたので見ているんだけどああツッコミ入れたい。ああツッコミ入れたい。

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]

名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 [DVD]

 

 コナン事件に介入しすぎ問題。

コナン死体の現場にいても配慮されない問題。

コナン重要参考人の聴取に同伴することを許される問題。

コナンの用がないと空気にされがちの毛利小五郎問題。

 

20年前の作品なので塩沢兼人さんがいらっしゃる。素敵な声…

わかりやすい伏線だらけのお話なので謎解きを楽しむ作品ではないが、劇場版は新一くんが出るので見どころが多いというか。

 

コナンの劇場版って爆発が多い、コナンが怪我をするイメージがあるけれど1作目からそうだったのね。

 

 

 膨らみすぎた鈴木園子くん(大好きです)の設定と、新一くんと「作者が描き分けができない疑惑どういうわけか似ている」怪盗キッドの設定が最大限に活かされている展開だけれど、敵対しているのか好敵手と書いてライバルなのかよくわかんないコナンくんと怪盗キッドの不思議なまでの息の合いっぷりが見られる作品となっておりました。

 

俳優女優がゲスト声優として演じるのって玉石混淆だけれど、今回は………「この下手なの本職じゃないな」と分かったのが悲しかったです。

 

近いうちに純黒を見る予定だけれどこれが一番楽しみ。

広告を非表示にする

ちょいちょい絡んでくる彼が悩ましい「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」

 デビッド・ハッセルホフを知っているか知らないかで見方がガラッと変わるのでは…

 随所に笑いの要素がある素晴らしいSFなのだけど、主人公が1980年前後生まれで作中では34歳、いまの時間でアラフォーで、10歳の時から地球を離れているので音楽的センスとエンタメ系の知識がその頃で止まっているので作中で流れる曲がいい感じの懐かしいロックとポップス、ちょいちょい口に出すネタが20世紀アメリカドラマなのが気になっていたのだけど、ここへ来て「理想の父親」「憧れるべき男性の姿」としてデビッド・ハッセルホフが出てきてアラフォー以上としては「分かるけどちょっと笑える」感覚を持ってしまうのは私だけかしらん。

デビッド・ハッセルホフって確かにかっこいいんだけど、さまざまな要素が「ちょっと笑える」気がするのよね…

 

前作で匂わせたお父さんが早めに現れた時点でなんだかいい感じではすまないだろうなと思ったのだけど、冒頭で若いメイクをしたカート・ラッセルが若い頃よりやや男前で若い頃のカート・ラッセルを再現していてびっくりした。メイクの技術すごいね。

 

ソヴリン人のマグマ大使っぽさラヴェンジャーのヒャッハー感など気になるところも随所にありながら王道の親子愛、家族愛もちゃんと見せてくれて最後はグッと泣けるのにそこでもチラッとデビッド・ハッセルホフ…大ファンのうちの母上は喜ぶだろうけど子供には謎だろうな…

 

子供と言えばグルード!!前の姿もよかったけれど今回も愛されていてよかった。

このチームに変な家族感があるのは戦っている最中にテープを探して各人を当たっているときのわちゃわちゃでも分かるけれど、見ていて楽しいだけで鬱陶しくない。

 

宇宙船が星に入るときのカメラの構図が古き良きSF映画っぽくてその時にいちいち素敵な曲がかかるのもいい。趣味の良いSFエンタテイメントって意外にないんだなとこの作品を見ると気づく。趣味が良いというか、アラフォーに刺さるというか。これはこれから増えていくんだろう…作品を自分で作られるようになるのは大概アラフォーからだもんな。

10年後は10年後のアラフォーに刺さる感じの作品が多くなるんだろう。

 

で、いまアラフォーの人が昔ハマっていたものが復活する傾向があるのかも。ナイトライダーとか。私も大好きです。

 

事前情報をほとんど得ないまま見たのでデビッド・ハッセルホフシルベスター・スタローンが出ているのを知らなくてびっくりできてよかった。他のカメオ出演者も、えらく豪華でした。

 

 

 

広告を非表示にする

スマホゲーム進捗

 溶かしても溶かさなくても、幼女と巨乳美少女と正統派美少女しかこない私の垢…

いま本垢とサブ垢の顔ぶれ。

☆5サーヴァント:水着ネロ(本垢、サブ垢ともにいるんだな、これが。)謎のヒロインX、ジャンヌ・ダルク(ルーラー)、ヴラド3世、オリオン。

☆4サーヴァント:アーチャーエミヤ(本垢サブ垢両方)エリザベート・バートリー、タマモキャット、ヘラクレス、トリスタン、メドゥーサ、水着ノッブ、ライダーイシュタル。

 

美男がろくにいない…私、アルジュナとカルナが欲しくてFGO始めたんですけど…

ヴラド3世とトリスタンとエミヤが一応美男枠だろうけれど、トリスタンなどは目を閉じているしヴラド3世は前田さんのイラストは好きだけどいまいち好みではない。エミヤは声が大好きです。ええ。一番に当たってよかった。

ピックアップで10連回すも、巨乳、幼女、美少女ばっか…

巨乳だったら源頼光がいいんだけどなー。お友達のサポートの常連。

オリオンは本体が熊で巨乳はおまけだとわかっているんだけど、でも巨乳が目立ってるじゃん。つーか熊じゃん。

 アーチャーピックアップで10連回すも、当たるのがオリオンて。☆5だけどコレジャナイ感ハンパなくて泣きそうになった…

 

物欲センサーがこうも働くとは。ぐだ子じゃなくてぐだおにしておけば美男をドロップできたのだろうか。

 

ぐだ子にすることでマシュと百合っぽい空気になるのは好きです。

 

美少女だらけのパーティメンバーの中にヘラクレスがめっさ浮いているという。

バトルは理解すればするほど戦略性が必要になってくるのは面白い。シンプルなのに、宝具によって個性もすごい。

ボスが単体だったらサポートは友達のオルタニキが最強だけど、ボスが複数いるなら源頼光最高。

力押しのバトルスタイルはゼルダでもドラクエでもFGOでも変わらないのであった…

 

あ、でも概念礼装の引きはすごくよくて雪広うた子先生の描いたマリーンズとか当てたし5ターン無敵の☆5の礼装も2つ持っている。フォンダン・オ・ショコラの復刻までは頑張ろう…つーか10連ガチャ回しても☆4☆5は概念礼装で誤魔化される傾向がある。辛い。

 

とうらぶの方は日々の忙しさと新規刀剣男士が短刀で鍛刀なので見送り、じわじわと資材を貯めているところ。いい加減短刀部隊を強くして池田屋をクリアしたいんだけど、優先順位的に後回しにしがち。

 

そしてシャニライ。

 ダウンロード画面で流れるのが新曲という力の入った贅沢具合でテンションがあがる。

うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live テーマソングCD ~Shining☆Romance ver.~

うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live テーマソングCD ~Shining☆Romance ver.~

 

 しかし、忙しくてまだ全然進めていない。とりあえず藍ちゃんを選んだし、節度は守るけどお布施は落とすつもりはある。だって大好きなんだもん!!!


「FORCE LIVE」MVショートVer.

藍ちゃんは見た目と雰囲気の割に背が高いという設定がすごく効いているPVですよ。意外性のある設定って好きで。

(公称)15歳で身長178cmはおいしい。衣装の組み合わせもGod's S.T.A.R.から続いてとても素敵です。

 

だからシャニライもやりたいんだがなー。来週は時間を捻出するぞ。

広告を非表示にする

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド進捗 あと神獣3匹…

拾うべき情報が多すぎていよいよ攻略本が欲しくなってきたような… 

 この一週間で塔はすべて解放し、行き当たりばったりでいろいろ祠を攻略。いま72個攻略しているのだけど、ライフを16個にしてからは克服の証を保留中。がんばりメーター(とは云わないらしい)は一度もつついていないのだけど、そこを増やすべきか、ライフを上げるべきか。

 

神獣は水を解放したまま放って地図を手に入れる方を重視したのだけど、いよいよ神獣に取り掛かりますか、と言いながら大妖精から防具強化という名のセクハラを繰り返し、それに必要な素材を集めようと各地を飛び回り、歩いているうちに祠を見つけ、攻略し、なんかこれ、いじってほしいんやろ?ってところは確実にコログがいて、この石なんやろ?って踏んだらイワロックで弓がうまくなっているからちゃっちゃと倒してお金稼ぎで赤い月が出たらまたイワロックを倒しに行くという熟練ぶり。最初はあんなに逃げていたのに…

ヒノックス3兄弟も倒して祠を出して、足元がお留守だから倒しやすいよなーと調子に乗ってライネルに喧嘩を売ったら死にかけ、調子に乗ってガーディアンに喧嘩を売ったらミファー様に祈られ…

でも心が折れそうな局面でもなんとか踏ん張って、雷の神獣のその手前のバナナ好き変態集団のアジトも攻略できました。あそこは力押しでは勝てないのがきつかった…ボスはおバカで助かったけど。

 

イチカラ村のイベントもひととおり済ませて、あとは鳥の神獣を倒したら手に入るスキルが便利らしいから早く倒しに行こうかなーって、とりあえずいま鶏もも肉をネギとポン酢でいただいたところ。現実の私が。

 

このゲームの没入感は半端なく、出先で蔦が蔓延る壁を見たら火をつけたくなるし(つけませんて)なんか陽気を感じる広葉樹を見つけたらりんごがありそうな気がするし、木の根元にはきのこが生えていそうだし、昇りだした赤い月を見たらリンク、気をつけて…って声がしてくるし。

 

こんなのは私だけじゃないっていろいろ調べていたらわかったのでいいけれど、この世界観は本当に楽しい。

 

こなしたほうがいいミッションとかが整理しきれないほど多いけれど、とりあえず砂漠でばらばらになった仲間さがしと、空飛ぶクジラ?の写真と龍があと1匹。

面倒くさそうな氷を溶かさないイベント、こなせるといいなあ…

 

来週の土日月(たぶん三連休取れる)にはハイラル城に入っているといいな。

ルピー稼ぎが厳しくて、イワロックを倒したり夜光石を集めるのが得策かな。ガッツ人参5つで作る料理が高価に買い取ってもらえるのもいいけれど。ウオトリー村の博打は面倒な割にもらいが少ないので1000ルピーを30分で稼いでやめました。

イワロックを倒すのはバクダン矢の消費次第ではもったいない感じになるけれども、でかいものを倒すのは楽しい。

 

あとはライネルを倒せるようになったらいいんだけどなー。

広告を非表示にする

ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド進捗 サイハテの島無人島生活

塔も半分制覇し、序盤に雷で落とされてへとへとになって諦めたフィローネの塔もクリアしました。南東のフィローネ地方は序盤向けらしく、敵も持っている武器も弱め(泉周辺はちょっと強い)。それまでにガノンの呪いにやられた雪山の龍を解放したり、百戦錬磨感あるのでブイブイグイグイ進んでいきました*1

で、一度がんばりメーターが足らなくて諦めたサイハテの島に飛んでいったのですが。

 

そこで所持しているアイテム(シーカー関連除く)を奪われ、いきなりゼロからやり直し。3つの宝珠を祭壇に収めよとのことだけどあれって宝珠なんだ?って感じ。

いつもは寝かせたまま放っておくヒノックスも持っているけれど、まともに戦ったら殺されるのわかっていて、よその攻略で金属の箱で殴れと書かれていたけど…その前に爆破して果物ゲットしちゃった…

 とりあえず先に2つ宝珠を祭壇に収めて砂浜の先にある祭壇を残した状態でヒノックスの死角になる丘の上からひたすら爆弾を投げることに。

背後にはゴブリンの巣があるので先に倒しておいて。

爆弾が有効なのはわかったけれど、時間がかかりすぎる。ゲーム内時間で1日半かかる。

その間に骨が出たら面倒だからと一度火を熾して暇をつぶすと…

 

ヒノックス、全快。

 

泣きそうになりながらまた一から爆弾を投げて半分くらい減らしたら…

 

ヒノックス、赤い月で全快(泣)

 

しかも赤い月で一度倒したゴブリンたちが復活したので全員ちゃっちゃと倒し、復活してくれたおかげで武器も一新できて(いい加減経験を積んでいるので、弱い武器でも強い武器でも効率良く倒せるようになっているしその辺の食料で一番有効な料理を作られるようになっている)空笑いをしながらまた爆弾を投げる。

ひたすら投げる。起爆する。投げる。ヒノックスのライフを削る。

 

で、1日半くらいかけてようやくヒノックスを倒して宝珠をゲット。

 

ここからが大変だった。筏に宝珠を乗せて祭壇に持っていったほうがいいのかなと乗せたら安定しない。しかたがないので宝珠を祭壇のそばへ安置。筏をそばへ持っていって筏に宝珠を乗せて、コログのうちわで扇ぐと、宝珠がぶっ飛んで海のど真ん中へ!

声にならない悲鳴を上げて宝珠まで泳いでいき、体で押すもののなかなか行かない。そしてがんばりメーターが尽きる。少し動かしては陸に戻りを繰り返し、筏は周りのヤシの木を倒して橋みたいなのを作ってそこで止めて筏自体を橋のように固定させて、宝珠を持ち上げて到達…

 

長かった。いままででいちばんしんどい祠ミッションだった…

 

それにしても面白さは右肩上がり。私がリンクを使いこなせている感あり。

リンクはいろいろ思い出しながら世界を旅しております。

*1:ライネルヒノックスイワロック倒したことないくせに

広告を非表示にする