夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

土曜日記 FGOフェス マイフレンドフォーエバー 久々の手料理 読書向き音楽 瞑想が苦手

週中のあらすじ:私の都合などお構いなしのボスに予め国家試験のための研修や盆の代わりに取る多めの休暇を知らせていたにもかかわらず私の休みなんて興味ないから全然把握してなかったまま段取りを勝手に組んだため、いつもなんでもギリギリだから月末締め切りの大きな仕事が片付けられそうになく、仕方無しに研修終わりで職場で仕事をするはめに。一応お詫びの品を頂いたのだけど、最近うちのビールはだいたいボス提供になってきてるな。マルエフ以外。一応第三のビールとかないから許してやろう…私はわりと何でも早め早めに片付けたがるのだけど、そうすると煙たがるのよね。ただ単に段取りが悪くてグズグズしてるだけにしか見えないのだけど自分のペースってものがあるらしい。そういうことをするなら部下を巻き込むなっつーの。最近はそれでもわりと相談するようになったのだけど、相談するのが既に遅かった。今回は。

ボスの甘い認識と折れやすい心で結局大きな仕事が中途半端な形で終わり、得意先が怒ってデータを突き返し(そうでしょうとも)、PC音痴のボスが慌てて坂田のPCのメールに送られてくるからPC起動させろと研修終わりに疲れて入浴中にもっと理解力の乏しい先輩を使って電話してきて、「坂田さんのPCのOutlookはどこですか」と。いや分かれよあんたのPCと同じWindows10なんだから。思い返すと面白いな!!

話を把握して「社内のメールが受け取れるPCならどこでも受信可能なんですが」と、PC操作をビデオ通話したい先輩を阻止する入浴中の私。もー最低。

後々お詫びしてくる先輩に半笑いで大川ぶくぶ先生謹製のポプテピピックLINEスタンプの「えげつねー性癖してんなあオイ」をお見舞いしておきました。人の入浴中に仕事のビデオ通話したい先輩なんてとんでもないセクハラやぞ

 

そんななんだかどうしようもない中、研修先で同じ業種の人たちと出会っていろいろ思うところがありました。コミュ力と機転と細やかな気配りが求められる仕事なんですけど、その適性のある人がちゃんといるもんだなあと。私が属している職場は私も含めてポンコツだらけなんだなと改めて思いました。それはそれで、ユニークで面白いんですけど(最大の敵三人が辞めたので周りをそう思える現状)。フットワークの軽さや適応力に惚れ惚れしていました。講師役の人も穏やかで教え方がうまかったし。いい時間でした。しんどかったけど。

 

毎年恒例で、盆休みを取る代わりに8月上旬に土日も含めて長めの休みを取るのですが、今年は4連休です。FGOフェスを逐一チェックしながら本を読む予定ですが、左手の故障で最近疎かになっていた手料理もしました。野菜ジュースで補っているけれど物足らないから野菜多めで。

 

FGOフェスが始まり、配信等で楽しませていただいていますが、一番のスマッシュヒットは狩衣姿のマンドリカルドですね。

数日間「安倍晴明」「ホームズ」とざわついていた界隈が優しい気持ちになって更にTwitterトレンド入り「マイフレンド」「マンドリカルド」

FGOやってない人はマンドリカルドを「マイフレンド」と呼ぶことを不思議に思うでしょうけど、彼がマイフレンドであることを説明しようとするとそこでなんだか泣けてくる。大事な友だちなんです。

 

夏は豚肉と茄子を炒めたくなるんですよね。それとリュウジお兄さんのトマトのガーリックオイル漬けと粗挽きミンチのそぼろ。それを作り置いてこの連休に食べることにしたんですが、しみじみ、レシピのおかげもあるけど(しかし私は未だに味の素が使えない…リュウジお兄さんのバズレシピ大好きなのに。代わりに化学調味料不使用の和洋中のだしの素を使ってる)わたしは料理がうまいなと。これは天性のものもあるけど基本を仕込んだ母に感謝だわ。

気をつけているにも関わらずやっぱり左手首に負担がかかり、短い悲鳴を上げながらいろいろ作ってスッキリしました。なぜかきゅうりをいっぱい買ったのできゅうりもガーリックオイルに漬けよう…

 

Chet Baker Sings

Chet Baker Sings

  • Blue Note Records
Amazon

本を読みながら聴いてます。このアルバムは本当に読書向き。

昔、雑誌オリーブで勧められたときには聴きもせずなんとなく敬遠したのですが(私は幼稚園児ですでにディープなジャズ好きだったので、マイルス・デイビスジョン・コルトレーンの感じのアルバムジャケットで食指が動くという、つまりチェット・ベイカーはそのニーズには応えないと勝手に判断したんですね)聴いてみると甘い!なんだかずっと聴いていたい!と惚れ惚れしてしまいました。私生活がとんでもねー人ですが、それが全然歌声と歌い方に出ていない。

 

ああジャズを聴きたいなと思ったときにこのジャケットを見るとそりゃあポチッとするっしょ。まだサブスクなどなかった時代にiTunesで初めて買ったジャズアルバムがこちら。子どもの頃を思い出すなーとか言いながらよ。言うても何聴かされていたか具体的に覚えているのはサラ・ヴォーンくらいなんですよね。あとはアルバムジャケットが飾られていたのは覚えていたり。ジャズだけじゃなくてジャニス・ジョプリンとかも聴かされたものでした。昭和のジャズ喫茶に出入りを許されていたのって本当に幸運ですよ。それだけで感性が磨かれたような。

 

FGOフェス配信すべて見終わりました。

朗読劇って失敗ができないから見ていて緊張して苦手なんだけどこれは見られてよかった。あのボリュームのあるアヴァロンの見どころをだいたいカバーしていて、音で聞きたかったあのセリフあのモノローグがだいたい聴かれてずっと泣いていたな…見に行かれた人はよかったですね。

FGO絡みの声優さんが何人かコロナに罹っていらっしゃってBA.5の感染力えげつないですね。

私はワクチン4回目は暫く先ですが迷っています。身近な人(リアルの知り合い)がワクチンの副反応がひどくて数ヶ月経っても体の不調を訴えていて、私は全体的にワクチンの副反応がものすごく軽く、その人はもともと発熱と倦怠感?がひどかったのでもともとの抵抗力などの問題もあるのでしょうが、その知り合いがずっとしんどそうで大変なのを見ているだけにワクチンも確かに怖いんだなって。

 

 

AirPodsを買ったので、ノイズキャンセリングにして瞑想に向いているという水の音(流水系)を聴いてみました。

目を閉じて、呼吸を整えて。

でもね、私はADHDだから雑念を払うのが超苦手なんですよね。私は常に脳内が忙しくてうるさいか、逆にものすごく静かで没頭しすぎるか。しかし後者は瞑想中には起こり得ない。たいていゲームしてるときじゃないかな。

そしてノイズキャンセリングにして外部音声を遮断すると、外で異変が起こったことに気づけないということで逆に不安になる。それを言うといままで外で異変が起こることに脅かされる日々だったことに対する悲しみと切なさとともに「忍者かゴルゴ13か」という自分へのツッコミも生まれるのですが。

うちの弟が相当なクソ野郎で突然実家の外に現れて暴虐の限りを尽くすのがトラウマになっているんですよね…ある日突然私が丹精していた庭木を全部詰んだり踏んで死滅させたり、私のバイクを破壊したり(これらは数十年前のことではある)、母屋を占拠したり、悪い仲間と一緒に外で大騒ぎしたり、突然庭に大きな穴を何箇所も掘っていたり(なにをやろうとしたのか未だに謎)…弟の所業があまりにもひどいので、ポリス公認で私の前に現れることが禁止されていたり、実家の私の住まいには出禁でした。

新居でもご近所さんに変な人がいっぱいいて外でマナー違反とルール違反が耐えないので外で変な物音がしたり、家の外のものに何かしらの変化があると(細かく書けないけど、ある!気分が悪くなるような迷惑もこの1年近くで何度かある)ゾッとします。私達の引っ越しのあとに引っ越してきた近所の人が弟とわりと同類で。

そんな恐怖もあったり、集中集中と呼吸を数えたりするも、流水の音がトイレを流す音に聞こえると思った時点でもう瞑想じゃなくなっているんですよね。なんで出来る人ってあれでリラックスできるの??

 

というように、落ち着かないままAirPodsを外しました。

パリピとソシオパスのいない地域ってないのかしらん…

近所の人達のソシオパスっぷりはもうね、我が家の玄関先に迷惑をかけないと死ぬ病気なんだなって半分諦めてるけれど。ものすごい損害を食らっているわけではないし、迷惑だって言っても私達が見てないところでやるのはいいやろ、ちょっとくらいならいいやろってやっちゃうからな、じゃあもう知らんふりするしかない。でも本格的に実害が起こったらその場でものすごいカウンターを決めるけどな…お婿も出来る限りのことをやってくれたけど(ご近所の地主に苦情を言ったり、玄関先を整備したり)でも二人揃って割とさじを投げています。もうあのアホどもの常識知らずに振り回されたくない、我々のテリトリーに踏み込まないと死ぬからやってるんだと思うしか。同じ土俵で戦いたくないですねえ。