夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

土曜日記 甘いものを求めてさまよう レバーの漬け 有野さんの生配信 日経新聞 BASTARD!!原作 早川書房さんの恒例Kindleセール物色

週中のあらすじ:最近仕事で朝イチからバタバタしていて、朝から1万歩とか歩いているわりに体調はそれほど崩れてないのが、作り置きでレバーの漬けを食べているからとか日々の糖質制限が効いてるのかもともと夏生まれだから夏に強い体をしているからというのもありますか。

朝からガッツリお肉を食べないと体調が良くないのですが、鶏レバーだったらもとの肉の状態だったら2切れ程度で満足できるというのも新発見。夏は傷みやすいから多く作り置きできないけど今回はスーパーで大量に買いました。

よくあるレバーの煮物は味がつきすぎて食べるとモサモサしてあんまり、という我々のニーズに応えたレシピでよく作るし、親友に教えてもヒットしました。

 

レバーの漬けの作り方(調味料は適当…)

食べやすい大きさに切って水洗いする

お酒を入れた水から湯がいて火を通す。通ったかなと思っても案外通ってないので、コンロの火を消してしばらく放置

茹でこぼす感じでアクを落とし、ジップコンテナーとかジップロックとかの耐熱の保存容器、袋に入れます。今回はすぐに食べる用にジップコンテナーと残りはアイラップで小分けしました。

そこに白だしと醤油、お好みでチューブおろしショウガとかチューブにんにく、一度沸騰させた水かミネラルウォーターをレバーにひたひたになるように入れます。味は薄めでOK。漬けている間に味がしっかりついていくので濃いと結局食べたら飽きる味になるので。美味しいと思うより薄いんじゃない?って不安になる程度の薄さで十分です。

それで一晩漬けるとしっかり味がします。

アイラップに入れた方は冷凍します。冷凍にしている間も味が染みていっていったり、解凍している間にもしっかり味がつくらしい…(実は冷凍は初挑戦)

だって300グラムくらいで140円だったんですよ、鶏レバー。そりゃあ大量に仕込んじゃいますよ。

 

腱鞘炎の状態は、先週買ったサポーターが殊の外良いので徐々に良くなっている感じ。

なのでまた今週は家事をなるべくサボり、読書合宿やっていこうとか。いろいろ予定を組みながら週末に突入しました。

今週良かったことは、雑で横着でいい加減で性格のキツめな10歳くらい年上の同僚がいるんですが、あまりに雑な仕事ぶりにクライアントが困ったり嫌がったりするけど一向に改善されないから一緒に仕事したくないと思っていたのですが、なんだか最近その雑な仕事ぶりを見慣れたせいか、私が一緒に組むときは私がカバーすればいいか、とストレスをそんなに感じなくなりました。不満や愚痴や悪口が多く、陰キャなところもあるけど私が面倒くさいと思う作業を本人は雑ながらちゃっちゃとこなしてくれるからかな、実は相性がいいのでは?と思うようになりました。向こうは向こうでバカ丁寧な私の仕事にイライラしてるだろうしなあ…

嫌なものとしてもやもやを抱えるより、時間が経てば悪くない方向へ変化することが最近続いているのでこれはいい傾向です。

 

今朝は遅めに起きたのですが、散歩で足を伸ばして暑い中犬のために日陰を選びながらコンビニへ行きました。

今日のご飯は楽ができるように買ってあったのですが、セブンイレブンでは食べたいスイーツがピンとこなかったのでローソンへ。

暑いので水分を愛犬に与えようとしても犬が頑なに飲まないので顔と背中にぶっかけてやりました。

ロールケーキとか足らないと思った肉の塊を。

朝ごはんはセブンイレブンのレトルトキーマカレーと昨日作ったおかずとレバーをいただきました。

有野さんが生配信を始めてるのを気づいてずーーーーと見たり。

ローソンで日経新聞を買ったのでそれをぼんやり読んだり。日本経済新聞を買ったのは、ごみ処理に必要な古新聞を求めてでした。ついでに最近の経済事情をざっくりと知られるので丁度いい。知り合いの親御さんが公認会計士日経新聞を撮っているのでたまに古新聞をもらうのですが、最近もらいそびれているので買いました。2,3週間これで保つかしらん。

 

本を読もうとしながら読んでない…そしてのんびりしているなかで、ここ数日首を傾げているのが。

当時中学生だった私がBASTARD!!をリアルタイムで全巻買い揃えていたのもアレだけどよく母も止めなかったな、と。

思い返すとめっちゃドスケベマンガやんね。絵が綺麗で好きだったんですけど。ドスケベすぎて当時服を溶かすスライムとかピンときてなかったところもある。

途中から連載が滞ったから買うのをやめて売り飛ばし忘れていきました。連載が滞るマンガというのがどうも地雷なんですよね。我慢できている作品ってよつばと!くらいじゃない?ガラスの仮面は別格。上條淳士先生の「Sex」とかは絶望視しながら持ち続けていたものだけど。そういえば「Sex」も学生の頃に親からもらったお小遣いで親の前で買ったけど親は何も言わなかったな。全然エロ漫画ではないですがね。買う本に関してはなーんの束縛もなかった。

 

いま読んでいる紙の本がそんなに面白くないので(面白くなる予感はある)早川書房さんのKindleセールのラインナップをチェックしたりしていました。毎度毎度、どれがセール対象かわかりにくいんですけどね。Amazonの検索結果ってスポンサーのゴリ押しも反映するのが邪魔です。プライム会員の場合はそういうのを除けないものかね。あと18禁も外してほしい。紀伊国屋はそれをしてくれるのにね。

 

ミステリはこのあたりを買う予定。あと恒例のアガサ・クリスティも2冊くらい。

こういうのも興味がある

こちらもノンフィクション。映画は見たいと思わないんだけど…

こちらが電書化されているので、お風呂で読もうかなと。

1,2は紙で持ってる。

いまが買い時。本当は紙でほしい。

早川書房さん関係ないけど読みたかった本が電書化されることを知りました。