夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

「スタートアップ:夢の扉」 感想 ネタバレあり

 アマゾンで検索したらこちらを紹介されましたが、こちらキム・ユジョンちゃんだよね。

スタートアップも取り上げられているのかなー

韓流ラブストーリー完全ガイド 運命的な愛号 (COSMIC MOOK)
 

 

Netflix

Netflix

  • 発売日: 2020/12/12
  • メディア: アプリ
 

 ネトフリオリジナルドラマ、「愛の不時着」製作のスタジオ・ドラゴンの作品で、つい最近最終回を迎えたのでこれで一気観できるぞと、他のを押しのけて見ています。

「あなたが眠っている間に」「君の声が聞こえる」「ピノキオ(未視聴)」の脚本を担当された方の新作で、兵役中だからイ・ジョンソクさんが出演しないのとどうやら今回は特殊能力を持っている人が出ないぞ、というのが気になりながらも、旬のものは旬のうちにということで見ることに。

↓ここから実況をしているところ。

パク・ヘリョンさんの脚本作品で見たお顔がいっぱいで、かつ「愛の不時着」の韓ドラオタク、キム・ジュモクさんを演じた方も出演されております。

流れからいくと、おばあちゃんと一緒にナム・ドサンを作り上げた少年ハン・ジピョンが相手役のようで、私はね、実はひどいネタばれを踏んだので知ってるんですよというか、ネトフリのサムネを見るとだいたい分かるじゃないですか。その辺このお話はどうなるんだ?と気にしながら、私は続きを見るのです…

キム・ウォネさんが出演されています(大満足)(至福)

実況の兵馬俑さんと解説のろくろうさんでお送りしております(ろくろうさんあんまり解説しないでよく泣いてる)

SANDBOXのロゴの色味が「スーパーマリオ64」感ある

スーパーマリオ64 [WiiUで遊べるNINTENDO64ソフト][オンラインコード]
 

 おばあちゃんがこの作品のイケメン枠の心を掴んでいくドラマですよね。おばあちゃんがすばらしい。

次で折り返し。話が大きく動く予感ですねえ。金額がデカいお話は好きです。

ドサンが土下座させられそうになったシーンは予告で見ていてそこだけで私が傷つきそうでした。あんな大きな子が所在なさそうに正座しているの、中の人がうまいから私のような姉気質には母性本能が過激に反応して頭に血が上る展開ですよ。「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」でも年下属性として可愛いし、苦境に立たされていると私がなんとかしてやりたくなるほど感情移入させられる雰囲気があったけれどここでも余すところなく魅力を発揮。恐るべし、ナム・ジュヒョクさん!

9話、ある意味神回。ドサンのモノローグで始まり、ドサンのモノローグで終わるドサンが苦しい回でした。ジピョンも苦しいんだけどな。だけど面白いんだわ。

切ないんだけどかなりの質量で笑わせてくるの卑怯だわー(褒めてる

ドサンがもうずっと切ない。なのにイ・ボヨンさんが笑わせてくる。

1回の尺が長いのでそりゃあツイートも多い(というか注目すべき点が多い)

キスとかハグよりもときめくシーンがあるのは名作の証。

誕生日にダルミがいつもより綺麗だったのは視聴者だけが気づいているので「気づいて!ドサン!」っていま思ってる。

すごいねえ、視聴者を揺さぶってくるねえ。ジピョンもいい人だからなあ(でも私、オチを知ってる

すごく情報量が多い作品だったなあ。

お仕事ドラマとしても見事なんだけど、恋愛ドラマとしてもすごく見応えあり。人間関係の移り変わりの良さもきちんと描かれている。

だいたい、お仕事と恋愛が公私混同するようなドラマって見ていて「仕事せいよ」ってツッコミいれるか、「そこは思いやれよ」とツッコミ入れるか、バランスが下手なのが目につくのだけど(「ジキルとハイドに恋した私」でさんざんヒロインに仕事は?とツッコミ入れていた私)この作品はとても丁寧でバランスが取れている。

そして様々なところに張り巡らされた伏線がとてもいいところで回収される。

この作品の脚本家さんは登場人物に特殊能力をもたせる作品が目につくからそれがほとんどない状態でどんなやろと思ったら全然。なくてもいける。

 

まあ、この作品のヒロインはどちらかというとおばあちゃんですけどね!!

ダルミとドサンのカップルの行方はそりゃあそりゃあ心配でハラハラしてましたが、ジピョンとおばあちゃんの結びつきが終始にわたって良くて、色んな要素のごった煮みたいなところがありましたが、本当に絶妙でした。おばあちゃんが中心になって物語が丸く収まっていくのが良かったなあ。やっぱり憎しみとか恨みより赦しとか慈しみが大事だよね、私にはどれもいまそんなにないけれども。全てがわりと「どうでもいい」。

面白かったし、ダルミにめっちゃ恋するドサンが魅力的だったからまた見よう。ジピョンとおばあちゃんに癒やされよう。

 

今年最後に見終わるのがこのドラマで良かった。清々しくて充実した気持ちです。

 

番外編↓