夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

#愛の不時着 2周め 5話感想 答え合わせみたいなネタバレあり

昨日、ひと通り見たから普通の生活に戻ると言っておきながらやっぱり1話から4話までじっくり見ているとかなり夜更けになり、次の日の仕事が結構難しかったので大変でした…

やっと土日休みですが、この土日もどっぷり見そうな気がする。劇場版おっさんずラブの地上波初放送が控えていてリアタイする気はあったし、Abemaで逆襲のシャアをやるのを見てもいいんだけどでかいテレビで愛の不時着を見たい。おっさんずラブは劇場で何回も見たし…

遣都さんの浴衣姿は必見ですが、ヒョンビンさんも素敵だものなー。 

愛の不時着 オリジナル・サウンドトラック

愛の不時着 オリジナル・サウンドトラック

  • 発売日: 2020/04/29
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
兄のための歌(feat. ジョンヒョク)

兄のための歌(feat. ジョンヒョク)

  • 発売日: 2020/04/29
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 5話。婚約者がタイミングよく(わるく)登場の直前に婚約者がいると予め知らせておくの、すごいなと思うんだけど野生の勘が働いたか、市場での出来事が距離を縮めそうで理性でストップかけた感じ。惚れられても困るみたいな?ハートもらったし。

そこで意地っ張りのセリちゃんがキレッキレに返した上にダンさんと出くわしてもやはり芯の強い人だからジョンヒョクさんのフォローに回る。この子のこういうところが私は好き。めっちゃ強い。必要なところでは取り乱さないし狼狽えもしない。

 

だけどダンさんには必要最低限親切に振る舞いながらセリちゃんへの心配を隠さず、自分の家に住まわせていることがバレても厭わない誠実なところに私の中でこの三角関係で挟まれた人の対応としては一応の合格点やで…クさんならもっとずっとスマートに振る舞っただろうけどそういうことはしない。そしてバックミラーで家を覗い心配が隠せないジョンヒョクさん、バレてますよ。

 

すぐ帰ると言ったのに帰ってこなかったことで北のお姉様方との飲み会のあとで飲んだくれるんだけど、大食いキャラといい拗ねて待つことといい北の生活で随分変わったことが表現されるのが、いろいろ物に恵まれ自由が許されているはずの韓国で相当なストレスを抱えていたのがわかる。特に心から好きになれる人もおらず、家柄やお金が目当ての付き合いばかりで疲弊していたところでそんなことにまったく頓着しない優しくて好みのタイプが現れたらそらー惚れるし安心感を与えるよう振る舞われたらストレスも軽減しますわ。耳野郎さんの息子がいじめられているのをセリちゃんが助けたくだりでもセリちゃんがいかに強くあろうと振る舞っているかがわかる。

 

一方ジョンヒョクさんは実家の豪邸に戻ってアボジに無茶めなお願いをするんだけど、ただ事じゃないって親御さんは察してる。結婚を早めることに二つ返事で承諾しても話をスムーズに進めたかったのも早く帰りたがってる(株主総会があるから)セリちゃんのためもあったんだろうけどこの人自分のことはどうでもいいんだなって伺わせる振る舞いを感じました。

重要なキーアイテムの時計が登場しますが、それが重要ですという描写もすぐに出てくる。時計はお兄さんがもしものときのために質に出しておいて、必要になったら回収するつもりでいたんだろうな。でもいつまでも引き取られないままでも在庫として何年も抱えられていてあの質屋さん大丈夫なんだろうか…そんなものかもしれないけれども。

 

チョのやつが卑劣にも大好きな隊員たちを拘束したシーンはそこで出すのがウンドンさんで視聴者をわかってんなあ、って感じ。一番腹が立つもの。あんな可愛い子をいじめるとかな。でも聡い子だから自分がきつく尋問をくらうのは他の人も喋ってないからだと察して口を割らない、喋っても誰のためにもならないのをわかっているところでますますこの子を好きになりますね。助けに来てくれた隊長が最高にかっこよかった…

 

そこからのハートをあげるくだり、もらって嬉しそうなウンドンさん、戸惑うジュモクさんと曹長さん(いじめっ子を怒っているときにひどくdisられていたけどあそこ絶対笑う)、2個ももらってよくわからなかったとクールにやり過ごすイケメンのよく把握できないところであからさまにムッとしている隊長、資本主義のハートにムカつく隊長、ほんっとうに可愛いよね…拗ねてお布団ガバーっとやるところ心のアルバムに綴じましたよ!

でもハートをあげるときのセリちゃんの表情や仕草が4話でジョンヒョクさんにあげるときとぜんぜん違うの。

 

パスポート写真を撮るために二人で平壌に行くくだりがあまり大きな動きがないようでロマンス的には序盤の重要な場面になるんだけど、星空の下というのは心を開きやすく、普段は話しにくいことを話しやすいんだそうです。地球を覆うものが透けて宇宙が見えるから不要な壁が取り払われる気持ちになれるのだとか。昔の名作漫画でそういうことを言っているシーンがありました。

食べ物もお布団も欲しがれば用意するジョンヒョクさん優しいよね本当に…そしてめっちゃ食べるセリちゃん。ゆで卵を食べながら飛ばす勢いで喋ってたの、お行儀は悪いんだけど可愛かった。あれ必要な反応だし。必要なものを用意するだけじゃなく熱いじゃがいもを剥いてくれるジョンヒョクさんを良い夫いい父親になるとそりゃあ私も思いますよ。

そこでジョンヒョクさんが自分のことをどうでもよく思っており、将来に希望も持っていないことが改めて描写されますが、そこを元気づけるセリちゃんが明るくて可愛らしい。すごく重要なキーワードを挟みながら。ここで微笑みかえすジョンヒョクさんが美しいのでよく見ましょうね。

眠っちゃったセリちゃんに自分の外套をかけてやる姿がとても優しく見えたので遠目のクさんもその優しさの影響を受けて社長に自分の毛布をかけてあげるところ、ああいうジョンヒョクさんが優しいことがいろいろな場面に影響を与えていくシーンが多いのよね。見ているこっちも優しい気持ちになる。私は普段人に必要最低限でしか優しくしないんですが(親切も。困っている人にはできる限り安心してもらえるよう振る舞うけれど、過度な期待はこまるので線引はきっちりしてる)人にさりげなく伝染させる優しさは持っていたほうがいいよなって初めて思ったかも。お婿からは期待する人には応えないけど誠実さはあると評価されております。

ここのジョンヒョクさんの振る舞いが、セリちゃんを起こさないように気配を殺してそっと動くところがもう最高に紳士!気遣いの鬼!これから先いっぱい気遣いの鬼っぷりを知ることになるんだけど、セリちゃんのわからないところでこういう細やかなことをやっちゃうところが、視聴者である私に深く刺さるわけで。もう、好き!セリちゃんを伺う眼差し、炎を見つめる目など静かに動く感情が見て取れるのは私だけかな??

写真を記念に残す必要はないとセリちゃんを突き放してセリちゃんがあからさまに落胆するけれどここでちょっと二人が離れちゃったことでお話が加速してしまう。クさんが保身のためにセリちゃんが利用できると即断できるの賢い証拠だよ…そこでエレベーターに割って入るジョンヒョクさんに火がついたのもわかりました?わかりましたよね!!

そこからのCパート、セリちゃんがプライドが高く振られる前にふることを繰り返していた描写とジョンヒョクさんを待っちゃう対比。振られる相手の中に田村っぽい人がいたのが気になるわたし。数多い男性遍歴の中でジョンヒョクさんが初めてのことが多く勝手が違うのを細々とお知らせしてくれます。が、ちょいちょい察してジョンヒョクさんが都度嫉妬するのがこっちは美味しい美味しい。このドラマではその様子が存分に味わえるのがありがたいっすねえ

 

 

エイリアン通り 全4巻 完結セット(白泉社文庫)

エイリアン通り 全4巻 完結セット(白泉社文庫)

 

 星空の下の話の出どころ↑