夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

とうらぶ攻略日記

刀剣乱舞はあんまりやらないものの、日本刀にはそこそこロマンを感じる歴史好きです、おはようございます。午前6時20分。

刀剣乱舞絢爛図録

刀剣乱舞絢爛図録

 

 一番好きな刀剣男子は三日月宗近さん。一目惚れでした。

そんな彼を最初から手に入れていた刀剣乱舞ポケット。

戦いに際し審神者はちょっと指示を出すだけなので、わりと細かいところまで指示を出してなんならタワーディフェンスとか好きな攻略に面白みを感じないので容量が負担になって消したら彼と小狐丸をあっさり失いました。IDとか引き継ぎの手続きを済ませていなかった…

 

そんなこんなで忘れ去っていたのだけど、最近改めてダウンロード。

それは、千子村正のためなんですね。

ヴィジュアルはそこまでアレなんだけど声が諏訪部順一さんじゃないですかあ。

それで最初のイベントで珍しく溶かしてまで張り切ったんだけど(溶かしたゲームはすぐに燃え尽きるというジンクスあり)箸にも棒にもかからず。打刀なので同じ打刀がやたら充実しちゃったという始末で燃え尽きてしばらく投げておりました。

 

が…

今度はコツコツやっていれば確実に手に入るイベント!!

だけどこれが発表された頃、私は気持ち悪いくらいヤバいブラック企業で肉体労働でぶっ殺されかけていて、帰ったら次の日の準備をしたらバタンキュー、お休みも体力回復が主になっていました。どんな面白い話もピンとこないくらい…

 

あまりにひどいブラック企業だったので体と心が悲鳴を上げて、先日すったもんだの挙句辞めちゃったんですが、そこで年中暇している感じのある友達から私は途中で飽きていたソシャゲへの復帰を誘われたんですね。そこで首を傾げながら2日くらい遊んでみたんだけれど、ニートがソシャゲにハマるなんてもうだめ人間のテンプレなので、溶かさなくても駄目なので、ダメだダメだと消してしまいました。

 

おなじスマホのゲームなら誰ともつながりを持たない(持てない)とうらぶのほうがええわい、と久々に立ち上げたらそうやん、千子村正のイベントやってるやん!ということで江戸城のイベントを始めてみました。

小判をめっちゃ持っているので攻略しては手形を消費し、手形を消費しては小判で手形を発行し…そして昨日、残り僅かなのに千子村正は来ず、第1部隊のレベルだけはアホみたいに上がって小判が尽きました…

 

みっともなく叫んだよね…

 

レベル50だったへし切長谷部が80台まで育ち、まだまだレベル10台だった次郎太刀ちゃんがレベル50台になり、えらく頼もしく育ってくれました。

鍛刀の素材も余っていたので鍛刀してはやたら山伏国広ばっか来るのを苦々しく思いつつ(三日月さんのレシピで粘っている)小判を稼げるあらゆる方法を試すこと数時間、なぜか私自身はぼんやりステージ攻略をしていて、なんでこんなに頑張っているんだろって疑問に思いつつもユーリの新規動画に激しい感動をしていたらなぜか太郎太刀をドロップ。

そこで本来の目的を思い出して審神者のレベルが上がる際に小判が貰えるので小判を手にして改めて手形発行。

あと9個になっても来ないってどれだけ引きがわるいの私!!

イベントは今日まで…手形は5時と17時に自然と発行される…しかしメンテが始まるまでだから17時はもうない…

ということで朝イチに起きて手形が発行されているのを確認、江戸城へ自分の中では最高の布陣で向かう。もう一番難しいところでもよほど彼らがアホな事をしないかぎりはSランク連続で進めるようになっている。

 

そして…!!

 

やっと千子村正をお迎えすることが出来ました…

 

これであとは三日月宗近さんと御手杵が来れば私は満足なんだけどなー

 

また一旦中断しそうだけれど、小判と依頼札を稼いでおきたかったり、千子村正と太郎太刀は育てておきたかったり。演練で強いからね、太郎太刀は!あと顔が好み!

顔が好みといえば燭台切さんはアイパッチはそうでもないけれど顔と口調とキャラクターがモテる要素しかなくて好きです。

 

しかし宝箱を開ける順番、最初適当に色んな所を開けていて、最後から順に開けてもなんか駄目な気がして最初から順に開けていたら最後から10番目程度のところで開いたので、こういう引き運っていうのは…もう…仕方がないけれど、ある時とない時があるね。

 

せっかくなので宝箱を全部開けました。いいお宝多かったので助かったー

広告を非表示にする