読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

デンジャラス・ラン

 なんかデンゼル・ワシントンが強いやつが見たい、と思って見放題からえらんだやつ。

 老けたサム・シェパードみたいな人がいると思ったら本当にサム・シェパードだった。

【ストーリー】
最果ての地、南アフリカにあるCIAの隠れ家に一人の男が連行されて来た。彼の名はトビン・フロスト。36カ国で指名手配を受けた犯罪者にして、元CIA最強のエージェント。そして彼が収容されるやいなや、完璧なはずの隠れ家が襲撃される。「彼らは、俺を狙っている。お前は俺を守る義務がある。どうする?」フロストに選択を迫られる隠れ家の管理人マット。新米CIAの彼は壊滅寸前の隠れ家からフロストを引き連れ、決死の脱出を試みる。武装した未知の敵は何者なのか?フロストが狙われる理由は何なのか?世界から狙われる男と運命を共に、今、危険過ぎる逃亡劇が始まる !

ボーンと比較されるのはCIAが信じられない、そのCIAの幹部に冷徹そうな女性がいるってあたり?ちうてもボーンシリーズは2作目までしか見てないんだけど。

他の作品でも度々出てくるこういう諜報機関の中枢にいる女性って、頭はキレるんだろうけど体力とかはどうなのか、どのへんが向いていて諜報機関でお仕事しているのかが気になる。その辺が明確でないのにいろいろ暗躍している。女性なのが良いスパイスなのかな?

アクションシーンがいちいち派手で、舞台が南アフリカなので白人が黒人を拘束したまま連れているのがパッと見いい印象がないのをうまく利用して逆転しようとするシーンがあってなるほどなーと思ったり。舞台が猥雑な街なだけにしっちゃかめっちゃかぶりが説得力あるので見ごたえはあり。終始主人公二人がお互いに敵か味方かはっきりしない状態で第三者から繰り出される暴力に対抗しながらそれぞれ目的を達成しようとするあたりがカオスなのにわかりやすい展開なのも良く出来ているな~って。

スパイは恋人とうまくいかないっていうお約束も匂わせつつ、こういうのっているのかなあ。新米スパイで真面目で正義感が強いから恋愛も真面目って演出なんだろうけれど。ロートルだけど実力ある元スパイのデンゼル・ワシントンといい対比にしたかったのか。

最近のスパイものって大概所属している組織が役に立たなかったりあてにならなかったりするよね…結局主人公一人とか主人公が組んだ少数精鋭でなんとかするしかない感じ。面白いけれどどれもそんなだとこれもかーいって思っちゃう。

 

最後まで見たらああそういう話だったのかあってわかるけれど、私はデンゼル・ワシントン無双が見たかったのでもっとキレッキレに暴れてほしかった。途中まで髪がもっさりしていたのがちょっとおもしろかったが、そこからの変身がかっこいいので要チェック。

広告を非表示にする