読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

よしながふみ 「ケンジとシロさん」

先日とらのあなさんで好きな絵師さんの新刊をさがしていたらたまたまよしながふみ先生の本人がお描きになった「きのう何食べた?」の同人誌が出ていると知り、同作品が大好きなので軽率に買ったらマジで軽率だった。R18だからケンジとシロさんがあんなことやこんなことをやっているのであろうというのはわかっていたけれど。

 

ユーリのそういう本を買うときにもあったけれど、(一方的にせよ)知っているカップルの夜の営みってそんなに見たいかって話。

あの二人を割りと長い間12巻分の時間の流れで知っているだけにもはや知り合いのご夫婦感がハンパなかっただけにな…

 

でもそういうのは置いておいて、ケンジとシロさんがいろんな意味で相性がいいのはわかって、ケンジがシティハンター大好きなのが2巻で出ているのがツボ。どんだけシロさんが冴羽獠に見えるんや…

 

ところで、こういう薄い本のお話をするときって元の作品を引用で貼り付けないほうがいいんでしょ?

ということで今回は本家をアマゾンから引っ張ってきたりはしないよ?

↓ここから買えるけれどR18ですよ?

http://www.toranoana.jp/bl/article/04/0030/48/58/040030485850.html

 

18歳以上でシロさんの可愛いところが好きな人は読んだらいんじゃないかしら…ケンジはもとから可愛いけれどな(私基準で

 

私はよしながふみ先生のBL漫画やかなり前の作品はほとんど読んでいるので、あんなことこんなことを激しくやっている作品も読んでいるのだけど(貴腐人が貸してくれた)、同人誌なのに商業系の過去の作品よりやっぱりあのお二人なのでライトな感じというかやっぱり夫婦の営みっぽさを感じました。

 

こちらはプロの方の同人誌だから名前も表記でレビューも書いたけれど、私のようなR18の薄い本を買いだしてろくに時間も経っていない人間が作品や作者の名前を出してあれこれ書くのもためらわれるわけで。あんまり良くわかっていなくても、ファンの反応やご本人の反応を見る限りあの世界はとても繊細だから、よくわかっていない者が踏み荒らしてはいけない、でも短期間なのにすでにかなりお気に入りの作品も見つけしまって、声を大にしていいたいものだってあるんですけど。

デフォルメキャラでギャグ漫画っぽいけど作者の人の絵が大好きなので買ってみたらオチがすごく素敵だったとか。ロマンチックだったのでちょっとびっくりした。しかも元の作品の雰囲気を壊していない。

 

ただしそのへんの繊細な事情を鑑みてやっぱり作者と作品の公開は控えるのであった…

やっぱり買ってみないとわからない。あととらのあなで通販で買えるようになってよかったなあ。

 

広告を非表示にする