夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

ユーリ!!! on ICE #11 感想

 最下位なんてなければいいのになあ(ゆとり発言)

ユーリ11話のネタバレをしますが、今回はなあ…

 

 

 10話が全般的に楽しかった分今回は落とすだろうなとは思っていたけれど、エロスがここへ来て大舞台でちょっと失敗してヴィクトルの助言通りにはできていなかったりまさかのJJが大崩れでびっくりしたり、Cパートでいよいよ別れ話きちゃった…

 

先行カット(アニメイトタイムズのサーバダウン起こさせたやつ。ユーリオンアイスがまたすごいレジェンドエピソードを作った瞬間)でヴィクトルの顔が悲しげに見えたのでまさかもうばらしちゃったのかと思ったら切り取った瞬間の問題で、ふつーにアツアツのおふたりではあったが、先週の時点であのやりとりは想定の範囲内だったので私はちょっとびっくりする程度であった。

↑ちょっとびっくりしてるでしょ?

JJを意識したプログラムにしちゃったのが良かったのか悪かったのか。

一緒にフリップ跳んじゃったヴィクトルが可愛かったですね。今回ヴィクトルが安定して美しいんだよね…そこが悲しい。

ヴィクトルはこれより先を見据えて勇利になにが教えられるかを考えているんだけど勇利は終わりを見ているからなあ。根っこがポジとネガで対極的なのよね。相性はいいと思うのに。

そういう中でピチットくんが本当に可愛かったわけだけど。ハムスターより可愛いよピチットくん。子供の頃のピチットくんくっそ可愛か〜!!

ユリオ、クリス、オタベックのスケーティングを見ていて楽しそうにしているヴィクトルがクローズアップされているけれど勇利はそれが自分にとってはいい気はしていない様子。怯えている。何に怯えているかは来週語られると思うけれど。ヴィクトルはスケートを楽しむ気持ちはあるけれど、自分もあの舞台に戻りたいって思っているかなあ。

まあ、そこの齟齬があって来週序盤で揉めるんでしょうよ…

オタベックがバレエを捨てたのは、バレエ捨ててもフィギュアってできるんだとびっくりしたんだけど、思春期でバレエが嫌になるのはわかるとうちのバレエにちょっと詳しいお兄さんが感慨深げに見ております。

オタベックのプログラムの曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番に似たフレーズを使いつつ、ハイペースでかっこよかった。(ちょっと第三番も絡んでいるような気がする)

オタベックがJJと交代するときの顔つきが呪っているようで面白かった。で、呪いの効果が…

<サマルカンド>序曲

<サマルカンド>序曲

  • 松司馬拓指揮 Ensemble FOVE
  • アニメ
  • ¥250

  ↓これ持ってる。映画や漫画でも使われたりとにかく有名。私は第三番も好きだけどね。

 

 ↑これラフマニノフ自ら弾いているやつじゃん!音が悪いけど貴重なやつ。すげーこれも音源で売られているのかあ!!めっちゃ手がでかいから弾けるみたいなことを言われているのよね。

 

 私はもともとフィギュアスケートの試合を長々と見られない性質をしているのでJJは飛ばしてやろうかと思ったのだけど、飛ばさなくてよかった。

JJどうせパーフェクトなんでしょー?と思ったら、違った。フィクションアニメなのにノンフィクション見てるみたい。

まさか崩れるとは。

でも崩れた後の巻き返しを図るところで私の大好きな宮野真守なのよ。ワンフレーズ唄いおった。

そこが嬉しくってさー。

本当に全員が主役なSPだった。

で、いきなり終わったけれど冷静な私は残り時間を確認してCパートがあるのを確信、じっくり待っていたら…

 

勇利そのタイミングで言う?

 

完全にヴィクトル油断しているし。もっとタイミングが他にあるやろ…

 

カップルによくある齟齬なんだけど(いや、カップルだけじゃないな)「言わなくてもわかるだろ」と思っている人と「言われなければわからない、不安でたまらない」って思っている人がカップルになるとかならず抉れる瞬間がある。ヴィクトルは表情や言葉の端々では伝えているつもりだけれど明確なことは語ろうとしないキャラクターとして勇利は感じていて、そこを不安に思い、心底は信じきれないという感じ。ヴィクトルは云っているつもりもあるかもだけど「言わなくてもわかるだろう」というのと「言わないことで驚かせたい、相手の意識をこちらへ集中させたい」と思っているところがあるから直接はあまり伝えない。

よほどの熟年夫婦なら伝わってこないことの不安を諦めと慣れとそれを覆う愛情で補えるけれど勇利にはまだ無理だし、ゆとり世代の日本人なら終わらせる方へ意識が向くわなーと思った。すごくリアルな人物造形…

 

というか、1話見た頃はこんな展開になるとは思わなかったのでずーっとびっくりしているんだけど。

 

勇利はこれで終わりと思っているけれどヴィクトルは終わらないって思っているからのんきに他の選手のプログラムを楽しめているのを、勇利は悪く受け取っているようにも見える。

そのネガティヴ成分を、最終滑走でどう覆せるか、覆るのか?ヴィクトルにかかっているような気がするんだけどなー

 

私はふたりに幸せになって欲しいんじゃよ…

 

あと美奈子先生、前から思っていたけれど観戦の姿勢が理想的なスケオタで好き。

全員を応援しているものな。

それとクリスを迎えに来た男性はさておき、眼鏡、どこやった。

 

それと、「剥き出しの愛」って…なに?

広告を非表示にする