読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

ヒグチユウコ「ボリス絵日記」「100Postcards ANIMALS」

絵本にそんなに興味が無い(というか読むのが苦手)な私が積極的に買って読むのがヒグチユウコ先生の作品。

ぬりえなんて母と私の分2冊買ったよ。もう1冊保存用に欲しいところ。

 比較的最近買ったもの↓ニャンコの表情が絶妙なのです。

せかいいちのねこ (MOEのえほん)

せかいいちのねこ (MOEのえほん)

 
MUSEUM ミュージアム ヒグチユウコ塗り絵本

MUSEUM ミュージアム ヒグチユウコ塗り絵本

 
ふたりのねこ

ふたりのねこ

 

 この9月に出版ラッシュとのことで1冊だけ買おうかなーと思っていたのだけど、ツイッターのヒグチユウコさんのツイートを見ているとムラムラと欲しくなってポストカード集も買ってしまった。初回限定でおまけに付くショッパーもいただきました☆

ボリス絵日記

ボリス絵日記

 
ボリス絵日記

ボリス絵日記

 
ヒグチユウコ 100POSTCARDS [Animals]

ヒグチユウコ 100POSTCARDS [Animals]

 

 ボリス絵日記はとりあえずKindleで買ったんだけど、紙の本は愛する羽海野チカ先生とコンドウアキ先生の描いた帯もつくので紙でも買うか…とか思ってる。

一応4コマまんがなんだけどもともと漫画家ではない人なのでルールとかに縛られずおおらかに描いていて緩い気持ちで読んでいると時々泣きそうになるので驚く。特にボリスとことりのエピソードでぐっとくる。その前のページでア◯パ◯マ◯のパロディで笑っていたのに。

途中からTwitterで注目を集めた背中のコリからコンドウアキ先生はパンダじゃなくて豆大福の話が再現されてあのやりとり大好きだったから書籍になって嬉しかった。羽海野チカファンも必見。

 

ポストカードは…すごかったよ。

買ってよかった。これで3500円は安い。ポストカードサイズの写真立てを使ってたくさんお部屋に飾りたい(誰かに送る気はまったくない)世界観がちょっと怖いとうちの母は言うけれど(幼い娘に「13日の金曜日」を何度も見せた奴の感受性とは思えぬ)私にはどストライク。細かい描き込みをじっくり見る。

このような贅沢な芸術品が自分のお部屋にあるなんて。

おまけの小冊子はそのうっとり気分を笑いに変えてくれるんですけど、このギャップがいい。どちらにしても眺めているだけで幸せで満たされるのであった。あと1冊1欲しい。

広告を非表示にする