夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

遙かなる時空の中で5 攻略日記 4 福地桜智ルート のあとに都ルート

 

遙かなる時空の中で5(通常版)

遙かなる時空の中で5(通常版)

 

 やっぱり個別ルートは短めだなあ

共通ルートのころからうすうすこういう展開になるんだろうなとは思っていたけれど3十六夜記の銀ルートとちょっと似ている。銀ルートのほうがバッドエンドに余韻が残りすぎるけれど、こっちはこっちで悲しい。

ルートに入ろうが入るまいが福地さんは平常運転でうっとりしたり震えたりしていますが、個別ルートは若干シリアス味が強いですねい。

でもやっぱりシリーズでずっと存在する鬼だけにわりとちゃんとしたいいエピソードでした。

途中に出てくる毒と解毒が安直だったけど。毒の属性とかいろいろあるじゃん。そんな簡単でいいのか。いいんだね?

バッドエンドでも小松さんからひどい云われようだったり、エンディングでのお母さんの反応がいちいち面白かったり福地さんの個性の魅力がちゃんと活かされていて楽しめました。変態で美男というキャラクターを八葉で作ってくれてありがとう。日記もよかったな。

 

次は都です。アーネストも選べるルート選びしているけれど、好きな方を優先すると京都になるという…斎賀さん大好きだし。

アーネストはフルネームでないとついホーストの方を連想するのよね…

 

 

  解毒剤の口移しのスチルであえて口元が隠されていたのは、他の八葉のスチルでもキスシーンがないのに彼だけあると他の推しの人のルサンチマンが発生するからなのかな。そういえばいままでやった遙かでもキスシーンのスチルは見たことがないかも。

そういうルールでもあるのかな。

(調べた)

あるらしい。肉体関係を匂わせるものをぼかすルールが!

ネオアンジェリークは大川さんのキャラでそれっぽいくだりはあったけどスチルはなかったな。事後じゃん事後じゃんとキャッキャウフフ云ってた(おい

十六夜記で将臣くんのどこかのルートでリップ音はあったような気がする。

リップ音が超苦手な私もこれはやられた!将臣くんが好きだし三木さんもファンだし。

 

今回はギリギリ特別だったのね。どうもありがとうございました。福地さん綺麗でした。神子嫌がってるように見えたけど。

 

都さんが愛ゆえにゆきちゃんに執着することに自分で嫌気がさす展開。

こんな黒龍の神子は新鮮。「これまでの神子同士も仲良かったのかな」とゆきちゃんが云ってましたが、1はなかなかアレやったよと。3の朔ちゃんは素敵だったし神子殿と仲良かったけど。2は知らん。4はいたっけ?

都さんも朔ちゃんと並ぶほどお気に入りになりました。ツッコミスキル強いし、帰国子女の設定だからか「ラッキー」とか「オッケー」とかよく云うんだけどそれって将臣くんみたいだし。顔も綺麗だし。声も素敵だし…

 

さて、つぎはアーネスト・サトウかあ…性格のきついところは嫌いじゃないけどなあ。

広告を非表示にする