夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

いまからでも遅くはない「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000% 第2話 BRAND NEW MELODY」

 

オルフェ

オルフェ

 

OPが1話のEDだったトキヤの中の人のソロ曲なんだけどうたプリのOPってファンタジーたっぷりというかハルちゃん(地味に巨乳で美乳)がぶっ倒れて夢見心地でトキヤっぽい人から迫られてるのに乗ろうとしていたりセシルっぽい人に投げ飛ばされたりハルちゃんのアクションが派手です。私的見どころは一人だけ楽器を持ってる那月でしょうか。翔ちゃんのクララのパパ*1ポーズもかわいい。

 

 2話は音也回です。

その前に前回の続きでHAYATOに瓜二つだけど感じの悪い一ノ瀬トキヤとハルちゃんが出会うのだけどシャイニング早乙女の音速丸じみた言い回しのフォローで双子の弟だということが説明されます。

HAYATOをdisるトキヤをちゃんと説教するハルちゃん、ブレません。いい子。

結局有耶無耶にされたハルちゃんは疑問を抱えつつも授業へ。そこで林檎ちゃんの適当なあみだくじによってレコーディングテストで音也と組むことになるのだけど、前年の優秀曲を弾くよう指示され、ハルちゃんの恐るべき事実が明らかに。

 

楽譜が、読めないんです!作曲もしたことがないんです!!

 

ここで多くの人が気になるのが早乙女学園って難関のはずだけど受験内容ってどうなの?ってこと。

Bクラスも存在するのだから(龍也さんのセリフでわかります)Bクラスよりはマシな成績で受験を突破したはずなんだけどね。

同じクラスのモブたちからも疑惑の目を向けられるハルちゃん。

 

ハルちゃんは受験の時の恩人の音也にこれ以上迷惑はかけられないと、すごいスピードで音楽と作曲に関する基礎を学ぶことに。一日二日で習得してクラスメイトを凌駕するからそらもう天才。

 

音也は音也でハルちゃんの作った曲に合わせた歌詞を作らなければいけないけれど、歌詞を作ったことがないということでルームメイトのトキヤや後にST☆RISHになるメンバーたちに歌詞づくりを学ぼうとする。

ここで那月と翔ちゃんに学ぼうと部屋を訪ねるとと那月がデカイ身長と長いリーチを利用してちっちゃくてかわいい翔ちゃんとじゃれているのと出くわすけれどこれ、これから定期的に見られますからお楽しみに。いつも一方的に襲われている翔ちゃんが魅力。

そしてなにも得るものがなく神宮寺さんと聖川様の部屋を訪ねて、聖川様が提示した極意に要注目。堰き止めていてあふれだすものらしいですよ。

 

音也はギターが弾ける設定なので作曲や伴奏には相性がいいのよね。

作曲というものに行き詰まったハルちゃんとふとしたきっかけで曲と歌詞が出来上がっていくのだけど、音也が天然でハルちゃんを口説く感じが歌詞に現れていて、でもハルちゃんはピンと来ないが音也には親しみを感じている仲の良い関係はこのまま3期まで続いていきます。素直だから天然で学園内のタブーである恋愛に踏み込みそうなところがあるのはゲームと似た感じ。

音也自体には特筆するところはないけれど、周りのキャラのボケたところが早くも際立っている回だと自分は思っている、そう、私は音也はよほど差し迫らないと攻略しないキャラなので流しがち。

いい子だし、実は彼も知らないすごい秘密があるのだけどこれはアニメでは(ゲームでもだけど)明らかにされることはあるんだろうか(たぶんない)あれば面白いのに。

 

トキヤは実はなんの作為もなく周囲を惹きつけて天真爛漫に唄う音也にちょっとしたコンプレックスを抱くのだけどそれをセリフもなく表情と天候という心象風景で表現するという高度なテクニックでトキヤのやたらでかい背中を見せながらお話は不穏な感じで終わるのであった…これ、ゲームでトキヤがたまに話すから知っているけれど知らないで見たら終わり方に「なんやねん」としか思えないような…特にこれからしばらくハルちゃんに当たりが厳しい状態が続くしね。

 

からの、エンディングの小画面版の「マジLOVE1000%」でした。

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000% アイドルソング 一十木音也(発売日以降のお届け)(通常仕様)

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000% アイドルソング 一十木音也(発売日以降のお届け)(通常仕様)

 
うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 1[通常版] [DVD]

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 1[通常版] [DVD]

 

 

BRAND NEW MELODY

BRAND NEW MELODY

 

広告を非表示にする