読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

ファイアーエムブレムif 白夜王国

ファイアーエムブレムif 白夜王国

ファイアーエムブレムif 白夜王国

私が買ったのはスペシャルエディションのほう。定価よりちょっとお安く買いましたよ。
割と普通に、ゲーム扱っているお店でそこそこ多めに入ってくるのが告知されていたので予約して、普通のお店だからちょっとお値引きもあるし、ポイントサービスもある。
ついでに関連品も買えました。

さて、本編ですが、スペシャルエディションは選択肢のどちらも選べるけれどメーカーのおすすめ通り白夜王国の方から選びました。キャラクター的には黒い方が好みが多いけどお楽しみはあとにとっておく方。
いま9章だけど遭遇戦や防衛戦もこまめにやっているのでキャラが順調に育って良い感じ。
カジュアルモードでやっているけど死んだらリセットしております。カジュアルモードはいわば保険。
女の子のキャラでやっているので執事のジョーカーといい関係。最初にかばった忍のスズカゼもイケメンすぎてモテモテで私はドSなのでこういう従者キャラに弱く、このどちらと結婚してやろうかへっへっへ…と舌なめずりしておるのであった。
これは義兄弟の暗夜王国側とはどういう結婚ができるのか楽しみでございます。暗夜王国側でもジョーカーとスズカゼは味方に着くけど。

システム面は前と違って防陣で経験値がわりふれないので(覚醒はできたはず)村人のモズメが育たないったらない。たぶん育てたら最強になるはず…どんな兵種にもなる子のはず。
どうしたものか、とりあえず放っておくかとお話を楽しむ方に気持ちが行っております。

あと、他の人のマイキャッスルを訪ねられるシステムが楽しい。
付加価値が美味しすぎるのでいっぱい行っております。
たまたま私の城に来た人はようこそ。
城の名前は、昭和に育った人ならニヤッと笑うものにしています。
ちなみに「幻想水滸伝」も自分の城の名前はこれでした。
そうそう、幻想水滸伝っぽいよね、城のシステム。国の雰囲気も似てる。
そういうところからもこのゲームに好意的なのでした。

幻想水滸伝I&II

幻想水滸伝I&II

Vitaでダウンロードして遊ぶこともできますよ(持ってる)料理システムが大好き。

最後まで面白いといいねえ。

広告を非表示にする