夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

いつからこんなことに

私は違うけど春となると花粉症で苦しむ人が多かったり、私が住んでいるのは中国地方なので黄砂の影響とか。今年からいきなり騒ぎだし、私的に今更感がある大気汚染がどうとかこうとか。たまたま今年が顕著なだけなんだろうけど、マスクなしに外を歩けない人だらけになっていて、逆に気にしていない人がかっこいい気もしてくる。
で、私はマスク着用。
花粉ではなく、黄砂じゃないかな、ハウスダストアレルギーもあるから、啓蟄と共にダニが発生して死んですぐに埃になるのかなとかいろいろ原因が思いつくけどこの数日、地味にクシャミと鼻水。
春というと健康診断があったり、たまたま自分の疾病に気づいたのが春だったせいか春になると妙に、自分の体調にネガティヴになる。
数年前に軽い交通事故でまぶたに怪我をして病院にかかったら、怪我はどうでもいいけど眼圧の高さが異常と診断され、このまま放っておけばやばいということになり、おそらく一生毎日目薬を点眼することになった。医者から言わせれば、私の年齢では信じられないほどの数値だそうだ。生まれつき眼圧が高い人なのかも?という疑問もあるらしい。
こうなると逆にあのとき事故をしなかったら、という話になり、「ラッキーな事故」扱いに。
たしかに。もともと医者嫌いだから必要に迫られない限り病院にはいかないし、目はもともと視力が良くないからそれ以上で病院にかかるとか考えられず、というか、眼圧ってものすら知らなかったのだ。
だけど眼圧は目薬でコントロールする以外は回復しないので、どうもネガティヴになる。
目が使えなかったら私の趣味のほとんどが楽しめない。見えることのありがたさよ。
ということで、最近は眼圧を下げたり目にいいと聞くサプリメントも飲んでいる。

大塚製薬 ネイチャーメイド ルテイン 60粒 [機能性表示食品]

大塚製薬 ネイチャーメイド ルテイン 60粒 [機能性表示食品]

アマゾンが月一の定期便を初めて、それをオーダーすると一割引になるらしい。その辺のリアル薬局よりすでに500円くらい安いのに。
医者に使っていいか聞くといいよ、と言ってくれた。ビタミンAの過剰摂取の恐ろしさとかも教えてくれたり、サプリメントに寛容な医者でよかった。たまーに、自分の進める診療方法以外を否定してネットで情報を得る患者を怒ったりする医者がいる。実際いる。ああいう人に当たると病院が本当に嫌いになる。
おそらく2ヶ月中にまた眼科に行くのもふくめ、妙にネガティヴになっている。春が苦手になりつつある。
でも昔は春が楽しいものだったはず。空気の暖かさとか。
いまは冬が終わって行くのが寂しい。もともと冬が大好きだったのだけど、コタツとか電気毛布の暖かさにホッとする感じ、気候は厳しくても暖かくできる方法が自分でできるほうが、夏の、あのどうやっても決して快適にならないよりずっといい。
あー冬が終わるなんて。やめてほしい。このままでいいのに。

って、なんだか気が塞ぐ、春先の今日この頃。散歩でもすれば気持ちも変わるであろうか。

広告を非表示にする