夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

中つ国と私

最近まで忘れていたのだけど、私はたぶんロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間を映画館で見ている。その時の私は不勉強で世界観がよくわかってなかったからリヴ・タイラーがなんか唱えたら川の水がザッパーンのシーンですごいと思ったくらいしかインパクトがなかった。正直なにがすごいのかピンとこなかった。たぶんその頃ちょっと心が荒んでいて斜に構えていたのかも。

そんな私に転機が訪れたのは一通り三部作の公開が終わったあとでこのシリーズは吹き替えで見た方がいいよ、一作目の劇場版の字幕は最悪だったから、って話を聞いて、本来映画は吹き替えでは見ないほうだけど最初から見なおしたら、とりあえず1作目でボロミアかわいそう、サムいいやつ。大塚さんの声かっこいいなあもう。2作目、ゴラム…!サムいいやつ、メリーとピピンが危なっかしいけど痛快!3作目、スメアゴル憎らしいけどかわいそうだしかわいいんだよう!サム、サム、サム!エオウィン!アラゴルンかっけええええ!最後まで涙が止まらないんですけど!…ってことになって以来、機会があれば丸一日で一通り見てしまうシリーズになった。ええもちろんガンダルフも大好きですよ。むしろ嫌いなキャラクターなんているかしら。奥方はこわいけど。

一番好きなのはその時の気分で変わるけどゴラムとエオウィンとサムとメリーとピピンはいつも上の位置にいて見るだけで気持ちが上がる。先日見た時はアラゴルンが本当にかっこよかった。ギムリレゴラスが可愛かった。ゴラムの歌にキュンキュンした。わんわんにあれを歌わせるのは反則にちかい。
え?フロド?…仕方がないとはいえサムにあの態度はないでしょと思うのであった。いつもそんなに同情してない。いい子だとは思うけど…

連作ものってスターウォーズが断然大好きだったけどそれに迫る勢いで好きになった。絶対ラストで泣くもの。撮影技術もすごいし。日本だったら敵に一人くらいは美しい人を据えてくるけれどこの作品はいいとこサルマンが綺麗で悪いじいちゃんなくらいであとの敵はみんな汚い。えぐい。荒い。だから感情移入は旅の仲間にばかりしてしまってそれでいいらしい。

私はこれをDVDとPS3のデータでひととおり持っていてPS3版は字幕しかないので字幕もひととおり見た。で、スメアゴルの「まぁいぷれしゃああああす」のモノマネができるようになった。リアルでわかってくれる人あんまりいないけど!
で、そのくらいこの映画のシリーズが大好きな私が「ホビット」の公開に黙ってる訳がない。しかも主役はマーティン・フリーマン。Sherlockのワトソンで私がすっかり好きになった、同年代なのに顔のしわ多すぎな人。ビルボの役だと聞いてもう彼以外思いつかないくらいぴったりだっつーの!と大騒ぎしたままのテンションで見に行きました。しかも初めての3D。
その感想はまた近いうちに。

あ、原作はほとんど未読。とびかげとかつらぬき丸とかは知ってるけど。1作目は持ってるけどですます調の文体で、私は絵本とですます調の本が超絶苦手なので読めていない。でもいい機会だから読めたらいいな、って思ってます。独特の和訳の名称は好きだし。ダメなら洋書で読むか…

広告を非表示にする