夜は終わらない

複雑に入り組んだ現代社会とは没交渉

怪奇小説

河出書房新社 沼野充義 編「ロシア怪談集」(読書中)

怖がりなのに怪奇小説大好きなのだけど怖がりなのでなかなか読むタイミングがない。が、それってただの言い訳で、別に寝る前に読んでもいいんですよ。特にいま、日常がスリラーかホラーかってくらいだから怖いものって怖くないんじゃない?って話してて。 ロ…